ある女性研究者の日記 :A Journal of a Female Researcher

sunnily.exblog.jp

大学教員は「総合職」と痛感する、遅咲きの文系研究者です.静謐な環境が欲しいと思う今日この頃。。。

大学の語学授業

多くの理系のポストドクのかたと異なり、語学系のポストドク(あるいは修卒でも)仕事さえ選ばなければ教える仕事はたくさんある。この国では、大学の語学教育のかなりの部分を専任ではない非常勤が担当しているからだ。専任20人程度に対して、非常勤数百人という例も決して誇張ではないと聞く。

非常勤はある程度コマ数をもたないと、生活できないから、複数校をかけもち、週に10コマ以上授業を担当することもざらだ。当然そういう環境下では、自分の専門を授業で教えられることはまれである。

場所が「大学」だけで、授業は「語学学校」並みの例も多い。

もちろん語学習得は学習者の努力なしではありえないけど、本当にこれでいいのですか、と問いたい。
[PR]
トラックバックURL : https://sunnily.exblog.jp/tb/821607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redsunflower | 2006-02-17 07:56 | Trackback | Comments(0)