ある女性研究者の日記 :A Journal of a Female Researcher

sunnily.exblog.jp

大学教員は「総合職」と痛感する、遅咲きの文系研究者です.静謐な環境が欲しいと思う今日この頃。。。

まだ、元気。

いつもの年なら、7月の今頃はグタッとなり、疲労の極みの状態だが、今年はずいぶんましである。この猛暑、それに地震や豪雨にあった学生への対応など例年になく厳しい学期であった。

理由はズバリ、漢方の処方を変えたことだろう。2月から4月にかけては「このままで働き続けることはできるだろうか、、、」と思うくらい体調が悪かった。そこで、漢方の本を読み漁り、自分の症状に見合う漢方をお取り寄せし(薬がネットショッピクングできるおかげ)試行錯誤した。結果、見つけた3種類。素晴らしい。効くときは効くものである。木の根っこや草の処方(つまり漢方)が、これほど私の体調に影響を与えるなんて、と感嘆する。

これまでにも漢方は飲んでいたが、どうやら私の体調が前の漢方ではカバーできないように変化(階段を一段下ったという感じ)していたようだ。

ただ、寝不足やストレスがたまるとやはり不調は出るので、自己管理が必要。漢方+自己管理で当面はしのげそう。

[PR]
トラックバックURL : https://sunnily.exblog.jp/tb/29940524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redsunflower | 2018-07-18 18:16 | 健康 | Trackback | Comments(0)