ふふふの気持ち

冬休みに持ち帰ったテストで一年生の学生の英語リーディング力がすごく伸びていた。元々私の教える大学では英語が苦手という学生が多い。未知単語も多いが、英語の文章を読む力が全く身についていない学生が年々増えている。

クラスでは時にはブーブー文句もでたが、「必ず伸びる、英語が読めるようになる。先生を信じて続けなさい」と叱咤激励し、アメとムチ(つまり成績)に組み込むなどしてきた。そして、やったね!という結果が出た。


せっかくなので、次のクラスで伸びをエクセルグラフで視覚化して皆で喜びを分かち合おうと思う。もちろん、伸び悩んだ数名にはフォローを忘れずに。

新年早々、ふふふの気持ちにさせてくれた学生たち、ありがとう!

[PR]

by redsunflower | 2018-01-07 11:54 | 教育 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : https://sunnily.exblog.jp/tb/29171428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by princessc at 2018-01-17 08:20 x
おめでとうございます!
学生の英語リーディング力アップの企業秘密をぜひぜひ伝授して下さい!私は英語そのものの授業は担当していないのですが、英語で教える授業を担当しています。しかし、英語で教える授業に学生がついてこられるはずもなく(留学生がたった一人だけついてこられる 笑)、実態は、英語を教える授業に鳴っています。それならば、やはりリーディング力アップにつなげてあげたいところなのです。よろしくお願い致します。
Commented by redsunflower at 2018-01-23 11:45
ありがとうございます。私が取り入れているのは多読、つまり英語の本を大量に読む方法です。ただし、日本人大学生の場合、普通のgraded readersですらなかなか読めないのが現状ですので、とにかく易しい絵本からスタートさせて少しずつレベルを上げていく方法をとっています。Oxford Reading Treeというイギリスの子供向けの絵本を中心にいろいろな絵本をそろえ、とにかく読ませます。ほとんどの学生は一年で中高6年間で使う平均的な英語教科書の総語数を超えて読みます。興味を持たせ続けるのに苦心しますが、それでもほとんどの学生が英語が読みやすくなった、抵抗がなくなったと言います。日本の英語教育はインプットと言えば、単語と文法中心ですが、読む量が圧倒的に足りていないというのを実感しています。
Commented by hhc at 2018-01-25 12:47 x
reading が圧倒的に足りない、まさに実感します。私も何か工夫してみます。学生は、自分は文法ができないから文法をする、というのですが、ほぼ無駄。長文を大量に読めば、頭に英文の構造が馴染んでいきますよね。わかりました、教材探します!ありがとうございます!