ある女性研究者の日記 :A Journal of a Female Researcher

sunnily.exblog.jp

大学教員は「総合職」と痛感する、遅咲きの文系研究者です.静謐な環境が欲しいと思う今日この頃。。。

「自分の感受性くらい」 茨木のり子

雑誌「いきいき」を定期購読していることは前にもふれた.


その8月号に詩人茨木のり子の詩が紹介されていた.脳天をビシッとうたれた感じがした.

即,図書館に彼女の詩集を借りにいく.

是非紹介したい.

「自分の感受性くらい」

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

茨木のり子「自分の感受性くらい」花神社 1977年
[PR]
トラックバックURL : https://sunnily.exblog.jp/tb/2763057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redsunflower | 2006-07-10 19:29 | 読書録 | Trackback | Comments(0)