ある女性研究者の日記 :A Journal of a Female Researcher

sunnily.exblog.jp

大学教員は「総合職」と痛感する、遅咲きの文系研究者です.静謐な環境が欲しいと思う今日この頃。。。

「ズバズバ」

恒例の学期末の面談の時期となりました。

期末試験前のこの時期、

ゼミ学生にハッパをかけるべく、面談を実施しています。

にこっと笑いながら、でもズバリ言います。

このままでは、本当にXXXXXだよ、って。

教員になりたてのころは言えなかった、こわくて。だって、誰だって傷つけるようなことは言いたくないでしょう。でも、やっぱりここっていうときは、言わなきゃ。

言い方には気をつけます。

「あのね、今からきつ~いこというけど、いいかな。」と前置きして。
決して怒ってはいいません。

ただ、いまどきの学生君たち、きびしいことに慣れていないから、落ち込んでないかなあ、大丈夫かな、とあとから気になります。

人の成長にかかわる仕事は醍醐味もあるけど、いつも悩みはつきません。
[PR]
トラックバックURL : https://sunnily.exblog.jp/tb/17093857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redsunflower | 2012-01-19 21:03 | 教育 | Trackback | Comments(0)