ある女性研究者の日記 :A Journal of a Female Researcher

sunnily.exblog.jp

大学教員は「総合職」と痛感する、遅咲きの文系研究者です.静謐な環境が欲しいと思う今日この頃。。。

新年度初授業

初授業の日

満開の桜を電車から眺めつつ、つくづく日本人で良かったと思う瞬間。

桜が美しいと思うようになったのは、いつの頃からか。。。など,感傷にひたりつつ大学へ向かう。

パワーポイントでシラバス紹介す。

初日は大切だ。日本語だけ話していれば事足りる日本で外国語を学ぶ大切さを学生に認識させ、しかも興味をもたせるのは大学生とは言え、至難の技。初日に「びしっと」ツボを押さえなくては、一年の授業がもたない。

びしっと、脅かして動機を高めてきた。

さあ、また一年間、「楽をしたい」学生との知恵比べ、根比べの始まりだ。

がんばるぞうううう。
[PR]
トラックバックURL : https://sunnily.exblog.jp/tb/1663351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redsunflower | 2006-04-07 21:26 | 教育 | Trackback | Comments(0)