ある女性研究者の日記 :A Journal of a Female Researcher

sunnily.exblog.jp

大学教員は「総合職」と痛感する、遅咲きの文系研究者です.静謐な環境が欲しいと思う今日この頃。。。

フルになる

気づけば2月でございます。

前回ブログをアップして、振り返ったあとのことです。


ええ、ほんの2時間後


強烈に体調が悪くなり、

起き上がることも動くこともできなくなり、

熱は37度台でしたが、

吐き気と下痢を繰り返し、

もしや、と思ったのですが、

やはりfluにかかっていました。

大学では毎週のように学生がかかっていましたが、

大学の教職員でもある一定以上の年齢の罹患率が極めて低いので、

大丈夫かな、と思っていたのですが、

ビンゴでしたね。

やはり、無理をしていたので、

抵抗力が落ちちゃっていたのでしょうね。

今はおかげさまで、ずいぶん良くなりましたが、

一週間の自宅療養を医師から言い渡されています。

かかった感想は、

今までのフルとは勝手が違う、ということ。

熱が急激に出るわけでなく(平熱のひともいるらしい)

ただ、嘔吐と下痢がひどいので、

体力のない老人や子供は要注意と感じました。

念のため濃厚接触者の自宅の両親に電話したら、

今のところ発症はしていない様子で安堵しています。

ふたりとも、フルの予防接種(季節性、新型)は受けているので、少しだけましかな、。

アメリカの家庭雑誌に
季節性と新型の違いを、症状の重さから
hit by a bus 季節性
run over by that bus 新型

と書いてありましたが、体験して、なるほど、と思った次第です。

皆様もくれぐれもご注意くださいまし。
[PR]
トラックバックURL : https://sunnily.exblog.jp/tb/12768306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by redsunflower | 2010-02-02 18:37 | プライベート | Trackback | Comments(0)