ある女性研究者の日記 :A Journal of a Female Researcher

sunnily.exblog.jp

大学教員は「総合職」と痛感する、遅咲きの文系研究者です.静謐な環境が欲しいと思う今日この頃。。。

地震

出勤前にいきなりきた地震。緊急地震警報が間に合わず地震の後に鳴った。
関東で地震が連続してあったので、用心はしなきゃと思っていたが地震は不意打ちだ。幸い自宅に被害はなかった。

電車が止まり、大学は休講。朝からゼミ生の安否確認に追われる。こういう時のためにラインをしておけば良かったが、、。



[PR]
# by redsunflower | 2018-06-18 19:06 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

査読中

研究の参考になるかもと思って引き受けた久しぶりの査読。???と思うこと多し。
念のため何年ぶりかで3キロもある!巨大なstatisticsの本を広げてみたが、やはり私の見立てがあっている。

まあ、査読でもなければstatisticsの本を再読することはなかっただろうけど、、
今度からもう少し分野を絞って引き受けようと思う。引き受けるなら、、、

[PR]
# by redsunflower | 2018-06-05 11:11 | 研究 | Trackback | Comments(0)

少し光が見えた

五里霧中だった先週から、いろいろ考えていたら、少し明かりが見えてきたように思う。
さらに読みたい本を注文する。大学生に英語を教える場合、アメリカの英語を母語とする小学生にどのように教えているのかは参考にできる点も多い。

まだ、点がようやく何個か見つかった感じで、これがつながるにはもう少し時間がかかると思うが、あせらずにやっていこう。





[PR]
# by redsunflower | 2018-05-29 12:06 | 研究 | Trackback | Comments(0)

五里霧中

夏の学会発表の準備を始めようと論文を手当たり次第読み始める。
しかし、全くの五里霧中。考えというか方向性がまとまらない(よくアブストラクトが通ったものである)

しばらくは、しっかり読むことに専念せよということだろう。

[PR]
# by redsunflower | 2018-05-23 12:19 | 研究 | Trackback | Comments(0)
昨夜実家で夕食を母と一緒にとり、そののちヘンリー王子のパレードをTVで見た。
石造りの教会の内部も興味深かったが、新婦メーガンさんの母上の感無量という表情が印象的だった。
いつまでもお幸せに、というよりは、幸せになるために頑張って、と思った。
辛口のわが母は、「新婦にちょっと初々しさがないよね」と言っていたが、それは女優でカメラ慣れしているし仕方ないよね。

[PR]
# by redsunflower | 2018-05-20 17:35 | プライベート | Trackback | Comments(0)

GW終わる

今年の大学カレンダーはGW前半のみ休みで、後半は講義だ。
例の15週授業確保のためである。

でも、ここ数日はガーデニングもできたし、雑用も片付けることができた。読書もたっぷりした。
冬物の片づけはまだだが、肌寒い日もあるのでこちらはもう少し後にしよう。

今ある幸せを見て、先走らないこと。これが大切だ。


[PR]
# by redsunflower | 2018-05-02 12:08 | プライベート | Trackback | Comments(0)

「介護保険」担当者会議

先日親の介護保険の切り替えに伴う、担当者会議に参加した。気付いたのは、ケアマネの膨大なペーパーワーク。作成だけで、一人当たり3時間はかかるのではないかと推察する。他にも他部門との調整ももちろん必要だろうし、事前に親を訪問して面談してくださっている。

細かい書類は必要だろうが、一定以上の作業になると仕事量を考えてコピペですます、つまり変更を嫌う場合も出てくるのではないかと危惧する。うちの親のケアマネさんはとても親身に考えてくださるので本当にありがたい。でも、親の希望は本人の体力を超えていると私は判断し、付き添った。加えて日頃考えている細かな心配も伝えた。
結果は、やはり付き添って正解だったと思う。私も親に向き合っていく気持ちを新たにした。

とりあえず、常温保蔵の食品やスープを親に送った。親は買い置きするのが嫌いなタイプだが、いざという時に買い物に行けないので、やはり食料は必要だ。冷凍食品は随時送っているが、今回の会議で改めてフォローが必要と感じた。

[PR]
# by redsunflower | 2018-04-25 11:48 | 介護 | Trackback | Comments(0)
世間では某事務次官のセクハラ疑惑(私はあの発言はアウトだと思うが、ご本人が否定され、まだ決着がついていないので一応疑惑とここには書いておきます)、それに対応する大臣、国会議員、官僚のまずさが話題になっている。

一般の会社であれば、副社長に仮にセクハラ疑惑があった場合、副社長の部下が「調査し」、社長が会社の顧問弁護士まで、訴えれば認めてあげようと副社長をかばう姿勢を見せ、また「(セクハラを受けた女子がそのように弁護士に訴えるのはそれほど苦痛なんでしょうか?」と重役が言ったとすれば、すごい事態になるだろう。

しかし、今回おエライ先生たちはあまりピンときてないらしい。なぜか、自分たちが働いている職場(国会)にはセクハラ、パワハラが蔓延しているからとこの本を読めば納得できる。

本著の作者は現役国会議員政策秘書、よってペンネームによる執筆だ。そこには、国の最高機関である国会はセクハラ、パワハラが渦巻いているブラック機関であることが生々しく書かれている。いや、文体は軽く明るいのだが、中身はすさまじい。かの「この〇ゲ、云々]と秘書を殴った例が別に特別でないことがわかる。いやはや、これに匹敵する職場はそうそうないだろう。

「働き方改革」まずは国会で必要だ。

[PR]
# by redsunflower | 2018-04-24 13:10 | 読書録 | Trackback | Comments(0)

予定にはなかったのに

予定にはなかったのに、新学期早々ダウンしてしまった。幸い回復したが、、、春休み中のダウンと言い、どうも免疫力が落ちてきているような気がする。無理をしない、ストレスを感じない、ことがいいのはよくわかっているが、働いていたら、避けて通れないことも多い。

ダウン中は、体は休めていたが本は読めたので、漢方の本をたくさん買い込んで読み漁った。仕事をして。家のこともしている女性はついつい無理をしがちなケースが書かれていて、やはり自分もそれに該当するようだと思った。

ペースダウンするために、4月末の論文投稿はあきらめる。今は、体調の立て直しが優先だ。

[PR]
# by redsunflower | 2018-04-18 12:35 | 健康 | Trackback | Comments(2)

追い出した~!

f0066420_11264692.jpg
写真は今年のお花見場所にて。ほれぼれするほど美しかった。今年は冬が寒かった分、ご褒美に素晴らしい花を咲かせてくれたのかな。
*************************

やっと再投稿完了。やれやれ、、、である。

最後の段階でグズグズするのは私の悪い癖である。ブログを読み返してたら(ほら、こんな風に逃避行動に走る)何度も同じことを繰り返している自分を見つけあきれた。

さて、次は授業の準備。
こちらは推敲も済んであとは修正のみ。

午後は少しゆっくりモードになろう。

[PR]
# by redsunflower | 2018-04-05 11:29 | 研究 | Trackback | Comments(0)