<   2017年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3月最終週

3月も今週で終わり。

のんびりモードから仕事モードへ切り替え中の私です。
今日も塩漬け論文に取り組みます。苦手なreferenceチェック。避けては通れません。


****
ENDNOTEをジャーナル投稿先に調整するのに一苦労。ファイルをダウンロードしたのに、save as してなかった。みなさん、ダウンロード指示はよく読みましょう。やっとこれで前に進めます(涙)。

[PR]

by redsunflower | 2017-03-27 09:33 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

日曜ですが、

日曜ですが、これから少し仕事します。塩漬け解凍中!
3月末もそこまできているので、細切れでもいいからPCに向かおうと決心しました。

昨日、出かけた山のそばでウグイスの声を聞きました。春ですねえ。

[PR]

by redsunflower | 2017-03-26 09:02 | 研究 | Trackback | Comments(0)

三寒四温

温かくなったり、寒くなったり、、日々服装の調整に気を使います。ただ、日差しは確実に強くなっていますね。
日焼け止めなしで外出すると、ピリピリします。

さて、再び塩漬け論文を塩抜き中。記憶をつなげながらの作業です。忍耐、忍耐。ひたすら続けるのみ。

[PR]

by redsunflower | 2017-03-22 10:07 | 研究 | Trackback | Comments(0)

PCメンテ中

ノートパソコンをしばらく使用していなくて、学期が始まる前にアップデートをしておこうと思い立った。

案の定、ウイルスソフトは更新できたが、windows updateができない。いろいろ検索すると定期的にある程度の時間使用しないと更新できなくなるケースが多発しているらしい。

試行錯誤を繰り返し、updateできるようになるファイルの前に、そのファイルを入れることができる別のファイルを入れることが必要らしいと分かった。(呪文のようだ)

仕方ないのでこのブログを書いているPCの前に、ノートパソコンを置き作業中。所要時間これまで2時間弱。さて、うまくいくだろうか。

PCもお肌も体もメンテはこまめに、ということですね。反省。


******
スタートから4時間後、すべて無事UPDATE終了。計35個のファイルのアップデートとなりました。

[PR]

by redsunflower | 2017-03-21 11:47 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

卒業式終わる

2016年度の卒業式が終わる。

いろいろハラハラした学年でもあったが、何とか大多数が無事内定・卒業できたのは良かった。大学のゼミ担任の責任は大きいが、ゼミ教員では手の届かないところも多々ある。同じ教育を等しく全員にしているのだが、それでも結果は多様だ。「それは先生の責任ではありません。各学生の責任です!」と言ってくれた卒業生もいたが、やはり気になるところである。

しかし、卒業生の後には新4回生が待っているわけで、待ったなしだ。すでに内内定が出たと連絡してきた学生もいるが、他の学生も就活の行方も気になる。さあ、新学年モードに切り替えよう。

[PR]

by redsunflower | 2017-03-20 10:34 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

塩抜き中

長い間、塩漬け状態だったジャーナル投稿論文にようやく手を付ける。さて、投稿と思ったら、近ごろはa choice of publishingやconflict of interest などいろいろなことを宣言しなくては投稿を受け付けてくれないのであった。不慣れな固い英語で書かれた投稿要領を読み直し、塩漬け論文を塩抜き中。



[PR]

by redsunflower | 2017-03-14 11:01 | 研究 | Trackback | Comments(0)

滑り込みセーフ

2月末の国際学会への申し込みアブストラクトが完成できなかったので断念したが、締め切りが延長になっていた。これは「再度チャレンジすべし」という声のような気がして申し込んだ。何とか滑り込みセーフ。

今年は夏の学会が2つとも東京で開催されるので、発表の有無にかかわらず参加する予定。早めにホテルも予約した。

今回の発表は少し長めの45分を申し込んだ。準備は大変かもしれないが、そのために勉強もするし、結果として考察も進むだろうと考えている。3月になったことだし、ここのところしばらくご無沙汰している早朝研究を再開してみよう。

[PR]

by redsunflower | 2017-03-11 12:03 | 研究 | Trackback | Comments(0)