<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

NEW子守唄

神経が高ぶってなかなか寝付けないとき、あるいは夜中に目が覚めてしまったとき、

最近この方法を用いています。

それは落語をYOUTUBEで聞くこと。

お亡くなりになりましたが、桂米朝師匠の落語がお勧めです。
私のお気に入りは、「地獄八景亡者戯」

一時間以上の演目ですが、いつも最後まで聞くまでもなく途中で眠ってしまいます。
三途の川あたりまでは記憶に残っているのですが、その先が、、、閻魔大王が出てくるところまで連続して聞いたことがありません。

30分程度の落語だと、笑っているうちに眠りそこなうこともあるのですが、さすが一時間以上だと安心して(?)眠りへといざなってくれます。

ただし、一度電車の中で米朝落語を聞いていたら、笑いを堪えるのが大変で、周りから変な目で見られました。要注意です。




[PR]

by redsunflower | 2015-10-28 09:37 | プライベート | Trackback | Comments(8)

難問

今後のことを考えて、施設の情報を集め始めたがこれが難問。

いろいろな種類の施設があるが、その違いが判らない。老人保健施設に、高サ住、介護付きと住宅型施設の違いはなどなど。

本を買って勉強中です。


それにしても、これまででわかったこと。

入るのにものすごい倍率。
そして、お金がかかること。本にも書いてあったが子の援助なしの場合、国民年金だけでは、かなりの貯蓄がないと終生入るのは難しいということ。自立した老後は早めに備えよ、ということでしょうか。

模索は続きます。

[PR]

by redsunflower | 2015-10-23 16:16 | プライベート | Trackback | Comments(0)

漢方切れる

何種類かの漢方を婦人科で処方してもらっている。もともと虚弱体質の私がフルタイムで仕事ができるのは、漢方に出会ったこととサプリのおかげによるところが大きいと思う。

そのコアとなる漢方が切れていることに昨晩気づいた。まだ病み上がり症状が抜けない身には、その漢方は絶対必要なので、朝から病院へ。保険がきく最長6週間分を処方してくださるので助かっている。

漢方はぴったり体質にあえば、本当に素晴らしい相棒だと思う。現在、コアになる漢方は2種類。あとは、その時の症状に併せて服用している。食前服用が基本らしいが、胃が弱い私は食後に服用、調子が良くないときだけ、食間に飲んだりしている。こういう服用方法でも効くので信頼は絶大である。

[PR]

by redsunflower | 2015-10-21 11:17 | 健康 | Trackback | Comments(2)

とりあえず

とりあえず原稿を仕上げた。研究費をもらったものなのでどうしても出稿しなくてはならない。この状況下ではそうでもなければ仕上げる気にはならなかっただろう。ありがたいというべきか。

しかし、今年度は研究費の申請を見送る。親のことがありどうしても研究に割ける時間確保は難しい。その代りと言ってはなんだが、冬の学内研究費申請をしようと思う。こちらの方が融通が利く。


原稿の他、業務メールを5,6本。そして授業後半の配布物の準備も終える。とにかく前倒しで仕事をしていかなくては。いつでも動けるように。

幸い、体調もようやく元の状態に戻ってきた。本当にひどい目にあった。このお話は、また次の機会に。

夜はヨガをして体をメンテしよう。

[PR]

by redsunflower | 2015-10-20 17:21 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

いやはや

片親が退院したらと思ったら、今度はもう一方が具合悪くなった。

今までは一年ごと、あるいは半年ごとに交互に具合が悪くなったが、近ごろはオーバーラップしてきている。
幸い大学病院の主治医は、とてもいい方で、土・日も痛み止めの点滴と診察をしてくださった。ありがたい。治らない病気でも、痛みだけはできるだけなくしてあげたい。
厳しいことが多いが、このような周囲の温かさに感謝することを忘れないでいたい。

チーム・介護の再編成も必要だろう。

とりあえず先が見えにくくなっているので、今日は仕事。論文投稿にまで持っていきたい。

[PR]

by redsunflower | 2015-10-20 09:03 | プライベート | Trackback | Comments(0)

連休

連休中はしばらくぶりに実家へ。私も本調子ではないけど、ちゃんと食べているか不安だったので。

買い出しをし、冷蔵庫にとりあえずすぐ食べられるものをストックした。高齢者は退院してすぐ元の生活に戻るのは厳しい。

今回の親の入院で頑なだった親の姿勢も少し軟化した。

1.宅配弁当をとること。
2.冷凍庫を購入し、予備の冷凍お弁当や食材をストックしておくこと。

これらについて何とか了承したので、準備を進めた。
最近は家電販売業者もネットが充実しているので、冷凍庫はネットで手配。設置もしてもらえる。助かった。

冷凍庫の設置が終わったら、再度冷凍お弁当を注文しよう。







[PR]

by redsunflower | 2015-10-13 09:35 | プライベート | Trackback | Comments(0)

ダウンから回復

すっかりご無沙汰してしまいました。

親の入院と新学期開始が重なり、案の定ダウンしてしまいました。

3回も血液検査を受けて、家でずっと寝ていました。熱は下がったものの、そのあといろいろ症状が続き、心配していましたが、ようやく通常に近い生活に戻ることができました。

昔、義父の看病でやはり風邪をこじらせ発熱。その時は1か月近く仕事を休まざる得なかったので、今回はまだいい方です。

教訓。
やっぱり親の在宅介護は仕事をしながらでは無理かも、いざという時は施設という選択肢も具体的に考えておく必要があると思いました。

少し体力がついてきたけど、やはり、自分の限界を知るべし、と痛感。自分がダウンすると周りにさらに迷惑をかけてしまうと反省することしきりです。



[PR]

by redsunflower | 2015-10-07 10:29 | プライベート | Trackback | Comments(2)