<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

世間はGW

出国ラッシュとか、高速道路の混雑とか世間ではGWがスタートしました。

しかし、今年は祝日にも大学の授業(例の15週講義確保のため)があるので、わたしは連休という感じがしません。ただ、同居人は連休となっているので、家でふたりでいる時間は長いです。昨日は二人して久しぶりにジムへ行ってきました(当然、筋肉痛。でも心地よい疲れです)

今日は、今週の講義の予習をして、研究の段取りをできるところまで進めて、そしてできれば例の重い統計本を読み進めていきます。

新しい本を読んでいて、知りたいと思っていた情報に出会ったときは本当にうれしいものです。そして、その詳細な情報の元なっていtる引用文献を探し、その本を注文する時って、

(きっと、高級なブランド品を買うときのときめきってこんな感じだわ)

等と思ってしまいます。

今、amazonでそんな本を注文中。これで、統計の前提条件を満たしていない場合の分析方法のヒントが見つかるかも、ワクワクしております。本は今週中に大学で受け取る予定です♪
[PR]

by redsunflower | 2013-04-28 10:06 | プライベート | Trackback | Comments(0)

データに向き合います

新学期のバタバタしていた授業の準備もひととおり軌道にのり、大学内でのいろいろな処理もひと山越えた今日、


「データに向き合います。」宣言!


新しいソフト、新しいマニュアル、新しい統計本


と準備は進んでいたけど、確保できなかったのは私の時間だけでした。

いざ、エクセルとspssと格闘します。047.gif

結果はのちほどご報告する予定。



********
(5時間後)

えーっつと、基礎データ一つの分析が終わりました。結果がハナマル049.gifだったので、夏の学会に急遽発表申し込みしようと思います。

なかなか有意がでなくて数年。。軌道修正を重ねながら、指導を続けてきた甲斐がありました。やっぱり辛抱が勝つってほんとですね。ただ、当然ながら次の課題も見つかりました。またまたチャレンジあるのみ!
[PR]

by redsunflower | 2013-04-24 09:39 | 研究 | Trackback | Comments(0)

手続き完了、いざっ!

昨年申請した研究費をいただけることになり、その手続きも完了しました。

いよいよ研究のスタートです。以前いただいた時は、共同研究だったので、気分的には楽でした。でも、今回は「単独」なので、頼れるのは自分一人。D修了後、模索を続けてやっとたどり着いた研究テーマなのでしっかり育てなくては、という気持ちがとても強い。研究費をいただくことは税金を使わせていただくことなので、頑張っていこうと思う。

さて、そして私が今していること、600ページにのぼる統計ソフトマニュアルのダウンロードです(笑)。以前使った同類ソフトはDS-Vでコマンドを打ち込みましたが、今は当然ウインドウズです。一から、勉強のやり直し。明日から通勤時間を利用して勉強していくぞ!066.gif
[PR]

by redsunflower | 2013-04-17 18:42 | 研究 | Trackback | Comments(0)

2.1キロ

週末から風邪をひいておりました。ただ、いつもなら風邪=>のどの痛み=>発熱というように風邪のフルコースをたどるのが普通なのだが、今回はのどの痛みで止まった。3月から飲み始めた漢方がぴったりで、体調が良くなったのは確かだが、免疫力もアップしているのかと嬉しくなります。

さて、2.1キロ。

最近購入した統計の本の重さである。私は自宅で研究するSOHO研究者だが、大学の研究費で購入した物品は書籍も含めてすべて現物を「検収」されないと経費として認められない。昔は領収書だけでよかったのだが、なんでも●●大学でKAKEN費の不正流用が発覚して以来、めっきり厳しくなった。もちろん、当然と言えば当然だが、不正など考えたことのない多くの研究者は手間が増えたことになる。

注文する書籍も一度大学へ送付してもらい、検収後自宅へ持ち帰る。


洋書は結構重くかさばることも多い。しかし、今回の本は横綱級の重さだ。本自体は非常に気に入っていて、今回は第3版だが、初版、2版も持っている。統計ソフトのバージョンが変わると説明も変える必要があるようで、結構な頻度で変更されている。ただ、通勤2時間の身には持ち帰りは堪えた。自宅で体重計で測ってみると本は2.1キロあった。ちなみに私が今まで読んだ本で最も重かったのは、ドクターに在籍していたやはり統計の本だったが、1.7キロだった(ついでに測った)。

第3版はカラーになったり、細かな説明が載せられているのは本当にありがたいが、この重さは東洋人の中年以降の女性研究者には耐えがたい。自宅に置いておくだけならまだしも、勉強会で使ったりするときは持ち歩かないといけないと思うと絶望的な思いになる(当然、キャリーを使うが)
本は、イギリス心理学協会から賞をもらうほどのレベルだが、そろそろ利用者がアングロ・サクソン系の長身の人間であろう、という思い込みは代えてもらいたい。オリンピックじゃないんだから、もっとユーザー(リーダー?)フレンドリーであってほしいと願う。著者にメールを書こうかと真剣に考えているわたしである。
[PR]

by redsunflower | 2013-04-16 11:00 | 研究 | Trackback | Comments(0)

ひとり花見

本日、同居人は休日出勤。

今年も結局花見は行かないまま終わるのかと思っていましたが、朝、ふと思い立ち、いつも電車から見えている近所の公園へひとりで傘をさして出かけました。

雨の中少しピークは過ぎていましたが、ひとり桜の花を静かに眺めていました。ひらひらと桜雨、そして桜のじゅうたん。


f0066420_13265336.jpg



晴れていたらきっとすごい人だったでしょうね。

往復一時間半のひとり花見、心に残りました。
[PR]

by redsunflower | 2013-04-06 13:29 | プライベート | Trackback | Comments(0)

リクルートスーツ入学式 

昨日大学の入学式がありました。卒業式と違って新入生は皆静かでした。

ところで、元々女子より男子が多い大学ですが、今年はリクルートスーツを着用している女子学生が多いことに気づきました。式場は男子のスーツと女子学生のスーツでほぼ黒一色です。スーツのみならず、インナーのブラウスもリクルートタイプです。駅から式場のホールまで、まるで就職活動に行くかのような行列でした。

私の勤務大学だけの現象?と思っておりましたが、朝日新聞の投書欄に「新入生のリクルートスーツ」という内容のものが投稿されていたので、やはりそのような傾向にあるのかもしれません。
[PR]

by redsunflower | 2013-04-02 09:28 | 教育 | Trackback | Comments(0)