<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

わくわく。

張り切っています。

今日は気温の急な上昇に体がついていかず、体調は今一つですが、気持ちは元気です。

今年度から、私が教育者としてもまた研究者としても大変尊敬している方に自分の勤務大学に非常勤としてお越しいただいています。(他大学を定年退職されたので)

その方とご一緒に勤務できるのは、3年。だから、私は、その間に今までパッチワークで進めてきた今の研究をちゃんとした形のものへ進めたいと思ってます。

同じ英語教育でも私のDは今の研究とは全く違います。だから、読んできた論文の種類もまったく異なり、私は一から学ばなくてはなりません。もちろん、自分では論文に目を通してきたつもりですが、絶対量が足りてません。だから、ひたすら読むべし。

休日に次の週に読むべき論文をバッグに入れておくようにしています。

なんだか、学生時代に戻ったような、体中の細胞が活性化されるような感じです。019.gif
[PR]

by redsunflower | 2012-04-29 17:22 | 研究 | Trackback | Comments(0)

GW?

世間ではGWが始まった、とニュースが伝えています。

私の勤務大学では、カレンダーどおりというより、月曜日の振り替え休日も授業です。

ちなみに我が家の夫は、一応会社はGWで9連休なんだけど、忙しくて祝日出勤です。私は、家でたまってる業務仕事を片付けるつもり。

ま、二人働いていたらこんなものか。。。でも去年までと異なり、単身赴任が解消されたので、GW帰省とかがなくなったので気持ちは楽です。

単身赴任されている皆様、どうかよい連休を043.gifお過ごしください
[PR]

by redsunflower | 2012-04-28 14:37 | プライベート | Trackback | Comments(0)

にこにこ。

嬉しきこと、Part 2.

アメリカにいるお師匠様から、メールが来て、「今度ようやく本がでることになった。出版社からコンタクトとりたいと言っているので、確認のメールくれ、、、」という内容。

そういえば、もう7~8年前、英語教育の本の企画を出すけど、その原稿を出したんだっけ。Teachingアイデア集だけど、Bigな出版社からのシリーズものだ。1ページでもお師匠様の本に載るのは、名誉なこと。

それにしても、私なんかすっかり忘れていたのに、ちゃんと準備・交渉をすすめていたお師匠様はさすがだ。これからは、Big J と呼ばせて頂こうと思う。

それから、昔教えていた学生から、教員になったという連絡も。「先生のおかげです」と言ってもらったが、身に余る気がする。でも、嬉しいなあ。こういうの。心の中がほかほかしてくる感じ。同時に、これだけ責任ある仕事をしているのだという身が引き締まる感じもする。

人生で良い日というのはそうないかもしれないけど、今日はその数少ない一日でした。
[PR]

by redsunflower | 2012-04-25 18:06 | 教育 | Trackback | Comments(0)

思案中

思案中。。

ちょっと研究に時間を割きだすと、家事が回らなくなってきた。

食事については、中食が多い。夜早くても8時半帰宅。なるべく野菜料理は手作りするようにしているけど。それと、グリル魚焼はフル回転。何しろ、「焼く」だけだから。。

食事以外は、外注、もありかなと考え始めている。そろそろ庭の草も「見るのが嫌」になるほど目立ってきた。

さあ、どうする。どこに頼もうか。。D?S?それとも地元のシルバー?

皆様は、家事、どうこなされてます?
[PR]

by redsunflower | 2012-04-24 13:34 | プライベート | Trackback | Comments(0)

GW1週間前

あと少しでGW.
講義はカレンダーどおりですが、とにかくお休みが入るのはウレシイ。

ということで、今週は論文を仕上げ投稿すること、を目標にしております。

気合いをいれてがんばるぞ!071.gif
[PR]

by redsunflower | 2012-04-23 07:50 | 研究 | Trackback | Comments(0)

X計画

GW明けから、ある計画を予定している。(X計画、と呼ぼう)

数年後にサバティカルに入る予定なので、それまでに研究モードを高めておかなくては、おそらくあっという間に一年をすごしてしまうだろう。ということで、今から徐々に自分を追い込んで勉強する予定。

体力が持つかどうか、という一抹の不安はあるが、研究を生活の一部に組み込み出してから、はっきり言って人生が明るくなった。そうそう私の人生、こうでなくっちゃ、という感じ。

皆様には、計画がもう少し進んでからお披露目します。
[PR]

by redsunflower | 2012-04-22 20:50 | 研究 | Trackback | Comments(0)

快適私的机上法

自宅で仕事をするとき、机の上に携帯型プラズマクラスター機器を置いています。USBで電源をとります。(夫からのプレゼントです)

顔に向けておくと、結構お肌がつるつるします。若返る、というわけではありませんが、5年くらい前のお肌の調子が戻ってきた感じ。

その横に、ハワイアンショップで買ったココナッツの香り缶をおいています。ココナッツはメーカーによって香りのきつさが違うのですが、これは正解でした。

仕事をするたび、気分はハワイ。

さあ、今日も頑張ろう。
[PR]

by redsunflower | 2012-04-20 08:24 | プライベート | Trackback | Comments(2)

英文上達法

いつもは、学生のレポートを赤ペンで「滅多切り(←学生曰く)」にして返すのですが、やはり直してもらって、それを自分で反芻して(ここが大事)次に活かそうと考える学生の日本語力は伸びます!

ふりかえって私の英文力の降下が著しいこと。(業務の日本語はうまくなりましたが、そんなこと自慢にもなりません)

そこで最近私が採用しているのは、有料論文チェックの活用。ドクターの時の先生ほどではないけど、そこはやっぱり有料の分、知人のネイティブチェックよりずっとたくさんコメントをいただける。「通信教育に支払う授業料」と考えればよい。どうしてもっと早く気付かなかったのだろう。もちろん、戻ってきたコメントにすべて同意するわけではないけれど、それでもそこで書くことに対する意識は深まる。

というわけで、現在投稿予定論文の英語手直し中。
APAスタイルは、ドクターの時に徹底的にたたき込まれたけど、それでもやはり、ポロリポロリとミスが出てくる。

私のテロメア、有効なものを生み出すものに使わなきゃ、ね。
[PR]

by redsunflower | 2012-04-18 11:24 | 研究 | Trackback | Comments(0)

「実年齢より20歳若返る!生活術」南雲吉則著PHP文庫

本日、駅なかの書店で買い、一気に読む。

最近ベストセラー続出の著者の本。ご本人の写真入り広告(20年前の写真と現在の写真を比べたもの)も地下鉄でよく見かける。

タイトルが軽いなあ~と思って読む気しなかったが、本屋で立ち読みして、「一年後に死ぬとしたら、何をします?」という見出しを見て、読みたいと思った。

著者は、乳腺専門医。軽いタイトルとは反対に読み応えがあった。医者であった父親と祖父がいずれも50代で心臓病を発病、そして闘病の上なくなった。自分がその年齢に近づいたとき自分の生き方をふりかえったという。

最も興味深かったのは、細胞時計「テロメア」の話。

細胞分裂の回数はその生物によって生まれながらに決まっていてどんなに健康でもそれ以上いきることはできない。p.78

ストレスを超えた先に何も実を結ばないストレスは細胞時計を止まらせる。 p.254

人のテロメアは121歳。しかしテロメアを短くしてしまうような生き方を私たちがしているから121歳より短くしか生きられない、と著者は説く。

そこで、著者は次の10項目を提唱する。
1.ゴールデンタイムの睡眠。
2.腹6分目の食事。
3.食事のバランス
4.食事の味付け
5.野菜、果物の正しい摂取
6.肉食注意
7.運動 過度の運動はNG
8. 煙草NG!
9.大切な人を思う心。
10.地球環境、他の生物との共生

この本の提唱することを実践できるかどうか、それが課題だろう。
[PR]

by redsunflower | 2012-04-14 18:19 | 読書録 | Trackback | Comments(0)

新学期始動くたくた、でも。。

新しい年度の授業が始まりました。くたくたです。

でも、早々に嬉しきこと3つ。

昨年教えた学生にばったり出会い、「留学が決まった」と報告を受けたこと。頑張りは本人のものだけど、報告してくれたのはうれしいなあ。がんばれ!

ゼミ生にはや内定者がでたこと。就活中の学生もがんばっている様子。1月に授業が終わり、それ以降どうしているか内心心配していたが、まずは一安心。昨年度が厳しかったからなおさらである。2カ月の間で、成長が顔に現れている。みんな、がんばれ!

ずいぶん前に教えた博士課程後期の留学生とばったり。博士論文執筆に頑張っている様子。「先生もがんばってください」と逆に励まされた。がんばります!
[PR]

by redsunflower | 2012-04-13 18:59 | 教育 | Trackback | Comments(0)