<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

へとへとの意味~フルコース

前回へとへとの週末、と書きましたが、

実は単なる疲れではなく

風邪でした。

先週しっかり、リンパを腫らして、熱が出ました。(←ありがたくない風邪フルコース)

あ、でも授業はちゃんとしました。

この土・日もジムを休み、病院へ行き、おとなしくしておりました。

おかげで熱も下がりましたが、

新年度早々から、この調子では先が思いやられまする。
[PR]

by redsunflower | 2011-04-25 13:51 | 健康 | Trackback | Comments(0)

へとへとの週末

早くもへとへとの週末を送りました。

原因は週末の会議。

昨年度は、責任ある業務から逃れておりましたが、今年はそうもいっておられずまたまたオハチが回ってきました。


で、週末に第一回の会議をしたのですが、これが疲れました。

会議の準備は春休みに進めていたのですが、

どうもわたくし、司会中に体じゅうに余分な力を入れているみたいで、終了後は急にぐったり。これが、ひと昔なら一晩ぐっすり眠れば回復したのですが、結局ジムにも行かず、週末はお部屋で伸びきっておりました。

う~ん、この業務は一年間続きます。会議のたびにこれでは、先が思いやられます。。仕方ない、会議の仕切りで力を抜くか、、、

仕事の力の入れ具合(抜き具合?)は、まだまだ修行が必要です。
[PR]

by redsunflower | 2011-04-18 10:03 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

言葉

4月10日(日)の朝日新聞「朝日歌壇」より

ぶしつけな問いにも静かに答えるは父母を波にさらわれし人(太田市 川野公子)

生きてゆかねばならぬから原発の爆発の日も米を研ぎおり (福島市 美原凍子)

父母の名をかざしひとりで避難所を回る男の子は九歳という (福岡市 東深雪)

姿見ぬ人に二種あり原発の内部作業者、最高責任者 (高槻市 奥本健一)

津波退きしがれきの山に雪つもるこれが東北というがごとくに (東京都 久保田仁)

震度6強の実家に父母はいる呼び出し音十回・十一回応えぬ恐怖 (盛岡市 菊池陽)

東北の棺の並ぶ体育館卒業生が立つはずの場所 (東京都 中山真彩子)
[PR]

by redsunflower | 2011-04-11 12:33 | プライベート | Trackback | Comments(0)

「朗朗介護」 米沢富美子 朝日新聞出版

定期購読している雑誌「いきいき」で紹介されていたので、興味をもち新幹線の駅でゲット。帰りの新幹線の中で、一気に読了。

作者は世界的な女性物理学者。過去にも著書「二人で紡いだ物語」をここで紹介したことがある。



その米沢先生が、ご自身のお母様の介護のために東京から大阪まで新幹線で通われている、というお話であれば、絶対読みたいと思うのも当然。

私も親の介護でいろいろ昨年はきつかった。自分の体調不安定なことに加えて、次々と連続する精神的、時間的な圧迫感。幸い、わが親は今は小康状態であるが、米沢先生のお母様は要介護5、しかも施設すら受け入れを拒むほどの容態が深刻な様子。そのお母様の介護を大阪の妹君とおふたりで24時間、毎日続けておられる。

しかし、理系の米沢先生の文章は、どこかdetachedな筆遣いで、重く感じられない。それが却って、介護を若干でもかかわった者にとっては、事態の深刻さがより伝わってくる。

ご自身も「前期高齢者」である米沢先生は、介護保険の有り難さは認めながらも、その課題、また次の世代が現在の介護制度では、人的にも財政的にも絶対に維持不可能であると指摘されている。

そうなると、「介護難民」が大量発生するのは目に見ている。

筆遣いは軽快でも、重いテーマである。

「朗朗介護」 米沢富美子 朝日新聞出版
[PR]

by redsunflower | 2011-04-09 09:25 | 読書録 | Trackback | Comments(0)

自分にカツ!

ブログを桜バージョンにしました。

ピンク色ってみていると、こころが丸くなるような気がします。

どんなに辛いことがあっても、悲しいことがあっても

季節がくれば桜は花咲く。

中村うさぎ氏が週刊文春で

TVに出るのに、暗黙のうちに

「黒っぽい服」オンパレードになる日本人のメンタリティにカツを入れていました。

すぐには無理でも、

人に無理強いはできないけど、

消費をすることも日本経済を支えること。

決して、忘れてはいけないと思います。

花見、行きません?

会社や団体の大勢で、行くのが気が引けるのなら、

個人で行って、お弁当とか買って、お土産とか買いましょう!

被災しなかった地域で経済活動をできるだけ普通に進むようにしたいものです。
[PR]

by redsunflower | 2011-04-05 12:56 | プライベート | Trackback | Comments(0)

入学式

入学式でした。5時に起き、始発の新幹線でいざ出勤!

ダイヤ改正のおかげでこれまで始発でもぎりぎりの到着でしたが、今年は余裕で式に出席しました。

私の勤務先では無事に入学式が行うことができましたが、東日本では延期する大学もあるそうです。

式辞もいつもなら「祝賀ムード100%」なのですが、やはり自然と話は大震災に向けられ、

「当たり前のように、大学一年生になってこの入学式を迎えられたことを感謝しよう」というメッセージがありました。。。

ほんとうに、当たり前の生活が当たり前に続くと思うのは、幻想だと感じます。

さて、入学式の後は、はや新年度の業務の準備で奔走。

また、忙しくなりそうです。

よし、今年度もタタカウゾ~066.gif
[PR]

by redsunflower | 2011-04-01 20:57 | 仕事 | Trackback | Comments(0)