<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『英国王のスピーチ』

『英国王のスピーチ』を見てきました。

映画を見るのは、一昨年の『沈まぬ太陽』以来。

映画館で妙に緊張して(?)みるより、録画しておいた映画を家でまったり見る方がどちらかといえば好きな方です。

でも、この映画、ストーリーを知ってとても興味を持ちました。

言葉を教える事を職業としているものとして、吃音に悩む王が、言語セラピストにどのような訓練を受け、それを克服していくのか。。。

主人公のジョージ6世の場合は英語は母語ですが、言語は、単に「言葉」を使うという事象にあらず、心理的、社会的なものを含めてすべての要素が複雑に絡みあったものであると改めて感じました。

個人的にはジョージ6世の奥方がとてもチャーミングに描かれていて気に入りました。




教室で出会う学生の英語を、表層的に

「できない、できる」の評価だけでなくて、

その学習者が教室にくる前にどのようなことを経験してきたのか、


という点も考えてアプローチできればと思います。
[PR]

by redsunflower | 2011-03-29 15:49 | プライベート | Trackback | Comments(0)

震災被災者受け入れ~奈良県天理市

奈良県天理市は奈良市内から30分圏内の市である。大阪市への通勤を行っている人も多い。


学生時代の友人に、天理教の人が何人もいた。

天理教といえば、高校野球の天理高校が有名。系列の天理大学もスポーツで有名です。

浄土宗や日蓮宗の人たちと同じで、生まれた時から、家が天理教だから「自然に」天理教の信者だと言っていた。

休みには、全国の天理教の人が集まる宿泊所がたくさんあり、友人も子どもの時から「自然に」手伝いにいっていたそうな。

で、その宿泊施設。今度の大震災で、避難者用に開放されないのかな、と思っていたら、すでに23日からその旨のお知らせがHPに出ていました。3000人受け入れ可能(無料食事つき、宿泊費無料)。

宗教色を気にされるかもしれませんが、天理教信者でなくても可だそうです。
お子さんがおられる場合は、小中学生は天理市立学校への就学も可。

もし、お知り合いの方で避難先を探されておられるなら、この情報を参考までにお伝えください。

ちなみに天理市のHPはこちらから
[PR]

by redsunflower | 2011-03-26 10:02 | プライベート | Trackback | Comments(0)

災害がほんとうに襲ったとき(無料)

今朝の朝日新聞で、精神科医で神戸大名誉教授の中井久夫氏が阪神大震災で救急医療に当たった時の手記がインターネットで無料で全文公開されていると紹介されている。

作家の最相葉月さんが、著者と出版社の了解を得て、今回の震災後に直ちにサイトを立ち上げたそうである。

この情報を「被災地で連日救援活動に当たられている医師や看護師、カウンセラーら病院関係者、その後方支援にあたられている方々、またこれから支援を考えておられる方々になんとか届けられないものだろうかと思いました。」と書かれているミシマ社の代表三島邦弘氏に共感し、ここでご紹介します。
[PR]

by redsunflower | 2011-03-24 12:29 | プライベート | Trackback | Comments(0)

CSR

大震災の一連の報道の中で、やっぱりすっきりしない例のニュース

CSRという言葉がある。

corporate social responsibility、企業の社会的責任という考えである。

簡単に言うと、企業は会社(経営者)だけではなく、従業員や社会、すべてに対して社会的責任があるという考えである。

日本にも古くから近江商人の三方よしの商売の基本的考えとして知られているものがあるが、CSRはまさしくこの三方よしの考えであろう。

現代のCSRは、単に概念だけでなく、新しいビジネスモデルとしてもとらえられている。例えば投資ファンドにCSRに対して積極的な企業が組み込まれて、海外では一定の成果を出しているものもある。企業として、経営、従業員、社会の利益を考えていくことが、長期的には、結局は利益につながるということである。


ただ、日本ではCSRといえば、

立派な報告書を出して、「CSRちゃんとやってます」とPRすることがCSRであると勘違いしている会社も多い。

あるいは、未だに会社は経営者のもの、と信じている「大経営者」や「政治家」もいる。

もし、私が計画停電の実施される地域に住んでいるなら、決して、ナイトゲームを実施すると主張する企業に好印象は持たず、株主なら、さっさと持ち株を売ってしまうでしょう。

目先の利益のみ考えるあまり、失うものの大きさを想像しているのかな?
[PR]

by redsunflower | 2011-03-22 16:53 | プライベート | Trackback | Comments(0)

The bank

三大メガバンクの一つ、M銀行の機能が、先週末から揺らいでいる。

アラフィー近くになると「ほんの少し」の縁も含めるといろいろな銀行とかかわりを持ったことがある。

銀行というと、堅い、堅実、というイメージがあったが、銀行もいろいろ、

中には、「???」という対応をするところもある。


冒頭のM銀行もそのひとつ、私の取引している銀行のなかで、ランキングは(かなり)低い方だった。

理由は、単純。

引越しに伴う住所変更の手続きの用紙を電話で郵送してくれるように請求したら、


「支店にとりに来てください」とのたまった。

(だから、引っ越したんだってば~)


あーだ、こーだと理由を言われましたが、こう言ったら態度が変わった。

「他行では、どこでも用紙を請求したら、すぐ送ってくれましたよ」


とにかく、臨機応変でないというのか、愛想がないというのか、いやーな感じがたくさんした銀行だった。一応、メガバンクなのに、今まであの銀行に住所変更の用紙を請求した人はいなかったのかしらん、と思った。

届いた書類も、

「~~~するとお手続きできません」とか、とにかく否定言葉遣いが多く、余計に気分悪っ!と思ったのでした。


行風、というのがあるのでしょうね、きっと。

ひとりひとりの行員さんは、入行されたときは、頭のいいできる人ばっかりだと思うのですが。。。

「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実である」
と、今回の出来事を聞き、しみじみ思ってしまいました。

(まあ、M銀行の人はこのブログみないですね028.gif
[PR]

by redsunflower | 2011-03-22 12:51 | プライベート | Trackback | Comments(0)

こんなときに

こんなときに研究してる場合ではない、という気持ちもします。

ただ、多くの関東、東北方面の研究者が被災されたり、あるいは被災は免れても研究に集中できる環境におられないのも事実でしょう。

そうなると、やはり今回幸いにも被災しなかった地域の研究者が、しっかりしなくては。

(と、思えるまでに約1週間かかりました。)


義援金を送るだけでは、心苦しいけど、

再び全国で研究できる環境が整ったときに、停滞なく進められるようにがんばらなくては。


と、今朝から心を入れ替えて研究に向きあっています。
[PR]

by redsunflower | 2011-03-18 11:27 | 研究 | Trackback | Comments(0)

卒業式

大学の卒業式がありました。

黙祷から始まった式。会場では募金も行われました。

企業研修で参加できなかった学生もいましたが、マイゼミの参加者はみんな晴れ晴れとした顔でした。

困難を乗り越えた時ほど、自分が伸びる、ってことなんとなく感じ取ってくれたかなあ。

式を終え、ひとり研究室へ戻り、エルガーの「威風堂々」を聞きました。いいですね、エルガー。卒業式にぴったり。

しかし、感傷にひたるのはここまで。

次の4回生、そして、その下にはゼミ生候補が待っています。
どのように伸ばすのか、それぞれですが、学生から目をそらさず、厳しく、時にはやさしく、
おしりをたたいていこう!
[PR]

by redsunflower | 2011-03-16 10:05 | 教育 | Trackback | Comments(0)

お見舞い

地震・津波で被災された方、被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。

私の住む地域はゆれこそしましたが、大きな被害はありませんでした。
(夫の赴任先は、揺れもなかったそうです)

これが自然の恐ろしいところです。

片やニュースで信じられない光景を目にし、片や街に出れば昼も夜もいつも通り普通の生活が営まれている。
この落差を自分の中で整理するのに、ついていけませんでした。

でも、何か私にできることは?と考え、とりあえずいくつかサイトを紹介します。

関東では停電等によりPCの利用も不自由だと思いますがおひとりでも何らかのヘルプになればと願います。

まず、グーグルの消息情報(Person Finder)。英語と日本語で利用できます。

また,グーグルでは、災害情報をまとめたページがあります。


それと、あっては欲しくないのですが、万一に備えて放射能漏れなどが拡大した時の注意等はこちらで。特に、小さなお子さんがおられる場合は、知識としては知っておいた方がいいと思います。

今後、しばらく今までとは全く異なり何不自由のない生活を送ることは難しいかもしれません。
産業にしても、被災地だけではなく、製造業、運輸業、観光業、などに与える影響は全国に及ぶことは必須です。でも、きっと良くなると信じます。65年前に私たちの先輩たちがこの国の復興を成し遂げたように、きっと良くなると。私たちもできると。
[PR]

by redsunflower | 2011-03-14 12:20 | プライベート | Trackback | Comments(0)

まくら

私は3つのまくらを使用している。

ひざ下に置く枕。

横向くときのいわゆる抱き枕。

そして普通の枕。

睡眠中結構動き回る(らしい)。

昔はそれでもひとつの枕で足りていたが、

年齢を重ねるにつれて、寝違えることが増えてきてその対処法として枕が増えたのである。

ちょっと狭い感じもするが、なかなか安定感があっていい。何しろどこに動いても体を支えてくれるものがあるのだから。

しかし、そんな私もここ1,2週間結構きつい肩こりに悩まされてきた。

論文書きに追われてるから?とも思ったが、

朝起きた時にすでに、こりこりというか、バリバリ状態。

もしかして、枕があってない?かも。

そう気づいて、昨夜はクローゼットにしまってあったテンピュールの枕(数年前の夫からの誕生日祝。もちろん私のリクエスト)をだし、使ってみたところ、


GOOD!058.gif


でした。


朝、嘘のように肩が楽でした。


う~ん、しばらくやわらかめの枕の方がふかふかして気持ちいいと使ってたのですが、やっぱり体調に合わせて枕も使い分けするべきなんですね。

正しい枕の使い方、なかなか奥が深いようです。
[PR]

by redsunflower | 2011-03-09 09:39 | 健康 | Trackback | Comments(0)

あらあらもう

あら、もう3月も一週間たってしまった。。。

この一週間にしたこと。

夫の検査の付き添い(異常なしでホッ)丸一日つぶれる。

大学の業務書類作成=>完成。延べ2日費やす。

姪っ子の大学入学祝い持参(お祝い金のほかに、何か「しゃれたいいもの」を探すのに手間取る。こういうとき、今時の大学生が何が欲しいのかわからないのである。でも何とか見つけ、気に入ってくれた様子でホッ)

元自宅そばの婦人科の診察(新幹線で移動)。漢方を処方してもらってるので、定期的に受ける診察。3月の検診予約は何と1月に入れていたのだ。評判のいいお医者さまであればあるこそ、融通が利かないことは仕方ないか。

美容院に行く。

論文書き =>進まず。使用している統計を使った先行研究がないので、手探り。ああ、もう一度ドクターに戻って、しっかりstatisticsの基礎から学びたい。。と思う。

ジム。ストレッチ中心にしようとおもっていたが、やっぱり筋トレもした。気持ちよい疲れ。

う~む、こうみると結果としては生産的ではないが、別に何もしなかったわけでもないか。。

今週は論文にもう少し時間が割けるように頑張ろう。
[PR]

by redsunflower | 2011-03-07 10:46 | プライベート | Trackback | Comments(0)