<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

メール

ゼミの卒論の指導(&推敲、こちらが大変でした!)も終え、あとは学生の最終提出を待つばかり。

やれやれ、、、


と思っていたら、学生からのメール。

ここですべて紹介したいけどできないのが残念なほど、立派なメールでした。

指導のお世話になった感謝と、社会人になって出ていく決意があふれていました。

私、学部生のとき、こんな感謝の気持ちを持たなかったのになあ。先生に感謝する、という思いを持ったのは、ドクターのときでした。

人に対して影響が計り知れない自分の仕事を改めて振り返りました。

私は今の勤務大学では、自分の専門知識を活かした指導、というよりは

論文指導を通じて、その学生の思考力と大げさにいえば社会性を伸ばすことを主眼としています。

他のゼミより、厳しいなあ、と指導しつつ、ちゃんとがんばった学生たちがとっても誇りに思います。
[PR]

by redsunflower | 2011-01-27 16:34 | 教育 | Trackback | Comments(0)

つぎつぎと

昨夜 例の業務を終え、ぐったり実家へ帰宅すると、(ほんとぐったりだ)

金曜日には元気だった母親が調子を崩していた。起き上がれないらしい。

医療相談に電話をすると(私の入っている医療保険には24時間無料の電話医療相談サービスがついている。)、どうも整形外科を受診したほうがいいらしい。

仕方ないので、今日は病院へ付添うことにする。

親が老いるということは、こういうことなんだ、

つぎつぎと予期せぬことがやってくる。


で~ん、


と気持ちを持たないとこちらまでまいってしまうなあ。
[PR]

by redsunflower | 2011-01-17 07:49 | プライベート | Trackback | Comments(0)

バタバタ

忙しくしております。

年末から年始にかけて卒論の指導、というか添削。

正月も赤ペンを持ってチェックを入れておりました。

コピペを許さず(当然のことですが、「これくらい」と思ってコピペする学生もいる)、

書き直しを命じ、またチェックし、という繰り返し。

大変なんだけど、

推敲を重ねるうちに学生が成長するのが見えてきて嬉しい面もあります。


ライティングは考える力を伸ばすいい機会なんですね。

ただし、本当に「自分で限界まで頑張って考えた」といえるくらい向き合ったら、という条件付きですが。


卒論のときに苦労したことは、実社会に出てから財産になると信じています。まちがっても、【内定】をとった時が、人生のピークだったとは思ってほしくないですね。

そうこうしているうちに学期末も近づき、期末試験作成しなきゃいけないし、

今週末にはまた、例の

「日本の多くの大学教員」が駆り出される任務もあるし。

一月は師走ならぬ、「教走」とでも言い換えてほしいです。
[PR]

by redsunflower | 2011-01-12 17:06 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

オネダン・相当

オネダン・以上、

というのは、某店のキャッチコピーですね。

でも、オネダン・相当と実感するものがあります。


それは、


人間ドックの検査内容。

すっと、私学共済が提携している病院で、「私学共済プラン」でドックを受けていました。

でも、夫の2度の転勤に伴い、今までドックを受けていた病院ではないところでドックを受けるようになって発見しました。

私学共済の人間ドックは、確かにリーズナブルだけど、その人間ドック施設が独自に提供している検査項目より、ずいぶんはしょられている、ということを。どちらかというと、健康診断に近いかもしれません。

ある施設で、

夫は施設推奨プラン、
私は私学共済プラン

を受けたのです。

お値段は夫の方がもちろん数万円高かった。
けど、ほぼ検査した項目は同じ。

違うのは、結果のデータの細かさでした。

血液検査結果にしても、細かく出てるのです。
採血は同じ本数、同じ痛い目にしているのに。また、ホルモンの結果も記載されていました。

データが細かいとやはり検査結果に異常がなくても自分の体の免疫のパターンとか、弱いところが把握しやすいのです。これは、やっぱりアラフィーには必要な情報です。

というわけで、

私学共済プランはやめて、

施設おすすめプランを今は年一回受診するようにしています。

夫とふたりで受けると○○万近くかかりますが、車検にお金がかかるように必要な経費だと考えるようにしています。
[PR]

by redsunflower | 2011-01-09 18:33 | 健康 | Trackback | Comments(0)

2011年

皆様

謹賀新年。

今年もよろしくお願いします。

でも、お正月らしさがどんどんなくなっていく今日この頃。
本当にめでたいのかどうか。

ただ、単身赴任の家族が再会できる数少ない機会であることは確か。

うちもそうだし、兄も単身赴任。
だから、両親にとって家族=ファミリーで一堂に会える機会はとてもうれしいようです。

と・こ・ろ・で、

昨年はいろいろあって、特に年末にダメだしがあり、気持ちがすっきりしなかったのですが、
帰省途中に夫が学生時代に過ごした街で一泊。

あわただしかったけど、旅で違う空間に身を置くことはやはり正解だったようで、

ばかばかしい出来事で悩んでいる自分がばかばかしくなって、気持ちを切り替えることが出来ました。



f0066420_19414040.jpg

ホテルではルームサービスで朝食をいただきました。ちょっとリッチな気分。


さ、、11年は柳のごとくしなやかに、でも力強く過ごそう。035.gif
[PR]

by redsunflower | 2011-01-04 19:48 | プライベート | Trackback | Comments(0)