<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

年末紅白歌合戦・お正月

いろいろありましたが、もう年末です。

来週はもう2011年。

お正月には親戚が集まります。

我が家が最も両方の実家から離れて住んでいます。

お土産選びもなかなか楽しいもの。

今日は、姪っ子たちへの土産を買いました。

高校生の彼女たちとお正月は、

「英語辞書ひき大会】をする予定。ええ、これも英語教育の一環です(笑)。

その賞品もゲットしました。

代わりに姪には、DSの「英語漬け」を教えてもらう予定。


研究会でDSを導入して成果を挙げておられる大学を知り、自分でも試したいな、と思ったのです。
でもそこはゲームに疎いわたし、そこで姪に教えてもらう約束を取り付けました。


姪の父、つまり私の兄はサービス業です。ずっと年末も年始も仕事です。本社勤務になった現在でも、かきいれ時の年末年始は「ヘルプ」として現場にかりだされ、やっぱり出勤。ただ、ヘルプは、基本的に自宅から近いところ、にはいる温情?が慣例としてあるので、元旦は家族全員超早起きして皆でお祝いし、出勤するそうです。

仕事上、仕方ないことかもしれませんが、世の中、当たり前のようにお正月を祝うことができない人がいることを心に留めておかなければ、と思います。昔、民間企業で働いていた私もシフト勤務で年末年始も普通に働いていました。

31日は紅白を見ます。親と一緒に。

昨年は、私が自分の見たい番組を見てしまい、親といっしょに年末の時間を共有しなかったことをとても後悔しました。

今年は、絶対、

紅白、こたつ、みかん、

そしてきっと言うだろうこのセリフ

「訳がわからない歌手ばっかり」


でも、それでいいんです。時間を一緒に過ごせばね。
[PR]

by redsunflower | 2010-12-27 17:37 | プライベート | Trackback | Comments(0)

働けど その後

平成の啄木、「働けど」で書いた諸々の事情、

それなりにあちこちにお願いしたのですが、

「まかせておけ!」


なんていう島耕作的な上長がいるわけなく(実際、ああいう人はいないからマンガのヒーローになるわけですよね)


あらあら、みなさん、一斉に違う方向へ行かれました。お見事!なくらい。071.gif

平成の啄木、がっくりくるものの

仕事で甘い期待を抱いてはいけないと改めて学びました。

まあ、世の中、こんなものでしょう。

でも、見ていらっしゃい。ただでは転びませぬ、と心に誓う私です。
[PR]

by redsunflower | 2010-12-24 13:02 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

働けど

昨日はプラスで終わったはずなのですが、やはり心の奥に大きなわだかまりが澱のように体に残ります。

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢつと手を見る

啄木の意図とは異なりますが、

何だかね、本当に馬鹿らしくなってきました。

まともに仕事をしようとするモノだけがバカを見る感じ。

言い訳上手、逃げ上手がラクをするなんてね。

思い起こすとあまりに腹立たしく、免疫力も下がる感じ。

おかげで、へんとう腺がまた腫れてきました022.gif

ジムも休み、そんな私がとった策は、



論文書き。





ええ、昇華、と言われようとも書きますわよ。体温計を横に置きながら。

夏にデータ分析は終わっていたので、ひたすら書きます。


見てらっしゃい、の世界です。033.gif
[PR]

by redsunflower | 2010-12-19 16:16 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

+-プラス

先週からストレスのかかる交渉を続けています。

来年はまた大学で責任ある仕事を担当する(させられる?)ので、その依頼です。

まあ、みなさん、逃げられること、逃げられること。

一度断られたからといって

「ああ、そうですか」

といっていたら、仕事はできません。

時には、諭すように
時にはビシッと。
時には哀願と。

そういうやりとりを続けていたのですが、
昨日、非常に頭にくるやりとりがあったのです。

私は別に自分の仕事を依頼しているわけではなく、大学の非常に重要な業務を依頼しているのに。

その拒絶方法が、あまりにも*****だったので私の堪忍袋も切れました。

しかし、そこは少しはおとなになったワタシ。

携帯電話の自分宛のメールで言いたいことを全部書いて発散させました。

ああ、でも携帯のメールって最近使ったことばが次に表記されるのですよね。
当分、人に見られないように気をつけなくっちゃ。はは。

でもいいこともあったのですよ。

昨日学生の英語力チェックを行ったのですが、すごく伸びていた学生が結構いて、

「ああ、報われた」と思いました。


もちろん、テストなどで成績向上に結びつくにはまだまだな学生もいますが、

「自分に自信がついた」と言ってくれた学生が少なからずいて嬉しかった001.gif

さらに、今年の夏休みに書いた書評を著者の方にお送りしたら、「言いたいことをすべてまとめてくださってありがとう。出版社にも送ります」とのメールが届きました。今の私には最高のお薬となりました。

ということで、腹立たしい仕事はまだ継続しています(せざる得ない!)が、「プラスマイナスするとプラス!」と考えるようにしよう。

あと1週間でお休みだ・ファイト!
[PR]

by redsunflower | 2010-12-17 09:36 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

当たる!その2

プリンターの故障に続き、当たったもの。

昨夜のカキ、

生もの用を念のためお鍋にした(加熱)のですが、


顔にアレルギー反応が出てしまいました。発疹!

私よりアレルギー歴の長い夫によると、

疲れていたりすると、いつもは大丈夫なものでもアレルギー反応を起こすこともあるようです。

実は以前にも一度だけカキで発疹が出たことがあって、

やはり私にはイエローカードの食材のようです。

疲れの原因?

もちろん、お仕事上のあーでもこーでもない事でございます。

大学の仕事なんだから、いつも逃げ得となる人は勘弁していただきたい、

「給料分、働きなさい!」

といえたら、どんなに楽でしょうね。。。
[PR]

by redsunflower | 2010-12-11 08:22 | 健康 | Trackback | Comments(0)

プリンター壊れる

1年ちょっと前に買ったプリンターの電源が入らない。

え?嘘、と思うけど、どうもアウトのようです。

故障は、保証期限が切れたころにふいに訪れる!でしょうか。

仕方ないので、買い替えるか。。。


それにしても4年前のプリンター(研究室)も単身赴任先の3年前のプリンターも生きてるのに、


殺生な。。。宝くじに当たったような感じかなあ。
[PR]

by redsunflower | 2010-12-08 14:52 | プライベート | Trackback | Comments(0)

元NHKアナ

週刊誌は、新聞の見出しだけでおおよその内容を知ることが多く、自分で買うことはない。

ただ先日、病院で見つけて(注意。美容院にあらず)女性週刊誌を読む機会があった。

待ち時間が長いだろうと予測して、学生の卒論の草稿を持参していたが、草稿のチェックを終えてもまだまだ待たないといけなかったので、週刊誌をめくった。

すると、NHKにいらした宮田修さんの消息の記事が目にとまった。

宮田修さんを皆さんはご存じだろうか。

阪神大震災の時、当時関西にいた私は、その日今までに経験したことがない揺れにたたき起こされた。
何が何だかわからない状況で、あわてて枕元のラジオをつけると、

宮田さんの冷静な声が、

「ただいま、かなり大きな揺れがありました。落ち着いて行動してください。あわてないでください。火元を消してください。情報が入り次第お知らせします。。」

まるで、訓練のように聞こえてきた。

訓練?いや違う、事実だ、

何が何だかわからないまま、ニュースを聞き続けた。

幸い私の住む地域では揺れこそ大きかったが、大きな被害は出なかった。

しかし、刻々と伝わるニュースは、未曾有の災害を関西地方を襲ったことを伝えていた。

宮田さんは、朝の一方からその後ずっと半日近く冷静にニュースを報道してくれていた。

ニュースといっても、大災害時には完全な原稿ではない。被災した状況だけでなく、交通状況、避難場所、また安否確認もニュースで伝えられていた。その仕事を、本当に冷静に伝えていた宮田さんの姿にどれほど安心感が与えられただろう。

その後、宮田さんは東京に移動され、週末の夜7時の全国ニュースを担当されていたが、やがてお姿をTVで見ることはなくなった。


で、現在、




女性週刊誌の記事によると、現在、NHKを退職後、関東で神職につかれているそうです!

NHKという華やかな世界におられながら、見事な転職ぶりにあっぱれ!な気持ちです。

また、おそらく全国的にはさほど認知されていなかっただろう宮田さんの震災時の報道ぶりにあらためて光をあてた女性週刊誌の記者にもありがとう、と言いたいです。
[PR]

by redsunflower | 2010-12-05 12:28 | プライベート | Trackback | Comments(0)