<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

○ナで元気

夫が単身赴任になって、平日の大半は実家に顔を出しています。

何しろ立派な後期高齢者。二人でなんとか過ごしていますが、いろいろなこともあります。

体力の衰えも避けては通れない事実。

お客として月に一、二度帰省するだけでは決して見えなかったことが、日常一緒にいるといろいろわかります。体調の波も大きい様子。

先日など、父が起きてこなくて見に行ったら、

苦しげに

「起きられない。。」


と言ったときは焦りました。

結構頑固な父で、サプリを渡しても飲まないし、いろいろ言っても気が向かないと聞く耳もたず、という感じだったのですが、さすがにこの時は懲りたようで、

最近は私が買ってくる滋養補給剤も素直に飲むようになりました。

TVコマーシャルでおなじみの、

○ナもその一つ。1本1000円近くしますが、父には結構効くようで、体調が芳しくないときに飲むと、低下を止めることができています。高齢者って、悪くなると坂を転げ落ちるように悪化し、ある一点を超えればもとには戻れない感じでしたが、これを飲みだしてからは均衡を保っています。

もうひとつはサプリ、

ビタミンとミネラルとローヤルゼリーですが、

毎週ピルケースに詰め替えて、

「おとうさん、ここから飲んでね」というと

摂取が一目瞭然となり、ずっと飲むようになりました。

毎週帰宅したら、せっせと補給しています。


単身赴任がなければこういう親との接触機会もなかったと思うので、物事は悪いことばかりではないなあ、と思う今日この頃です。
[PR]

by redsunflower | 2010-07-21 09:34 | プライベート | Trackback | Comments(2)

昇華

大学の雑務からかなり解放されている今年度。

一学部教員としての仕事はもちろんしていますが、

それ以外はなるべく目をつむろう、、つむろうと。。。


でも、入ってくるのですよね。いろいろ雑音。

どうしてもかかわらざる得ない雑音は無視できず、

いろいろ交渉するはめになることも。

で、とうぜん

不愉快な思いもすることになる(だから、放っておくべしだった、と思っても後の祭り)

でもね、最近はこの不愉快な思いを研究に昇華させよう、と言い聞かせています。

はっきり言って、

「あ~だ、こ~だ」という人たちは、あまり研究しない(いえ、ほとんどしない)人たちに多い。

だから、せっせと生産性をあげるエネルギーに変えています。ある意味感謝!


そういえば、私の研究人生、ストレスが論文を生み出してきたことが多い。

(前任校から公募でポジションを見つける動機になったのも、ストレス。居心地がよければ公募なんて考えなかったかも)


すごい不純な動機ですが、

「教室のストレスは研究で、研究のストレスは教室で解消」、という昔のモットーを

「業務と教室のストレスは研究で、研究のストレスは教室で解消」にチェンジ!
[PR]

by redsunflower | 2010-07-15 21:09 | 研究 | Trackback | Comments(2)

ゲゲゲの女房と氷点

最近の楽しみは、週末に帰宅して録っていた朝ドラ「ゲゲゲの女房」をまとめて観ること。

えへん、4月から一度もまだ見逃していないのが、自慢です(自慢にならないか…)

そのゲゲゲ~の中で、先週三浦綾子氏の氷点が台詞に出てきました。

40過ぎて売れない漫画家の水木茂氏を

当時1000万円の懸賞を小説「氷点」で獲得し、40過ぎて時の小説家になった三浦綾子氏を引き合いに出して、

励ます水木氏の母親の台詞でした。

おお、私の好きな三浦綾子氏の名前を思わぬところで聞き、

早速昨年三浦綾子記念文学館を訪れた時に、購入した本をもう一度開きました。

年表をみると、三浦綾子氏は、氷点のあと、50~60歳にたくさんの著書を世に送り出されているのですね。

なんだか、私も、これからよ、がんばれ、

というように励まされている気がしました。

ゲゲゲと氷点、

思いがけないところで元気をいただきました。
[PR]

by redsunflower | 2010-07-12 17:02 | プライベート | Trackback | Comments(0)

体脂肪マイナス2キロ

ジムに通い始めて3カ月。

週1回ですが、筋トレと有酸素運動をしています(ま、なんと玄人っぽい表現!)

で、3か月後のチェックを受けると、

なんと、体脂肪がマイナス2キロ減っていました。

まだまだ、売るほど体脂肪は在庫がありますが(笑)、とりあえずバンザ~イ!

体力にもちょっぴり自信がついてきて、気力も少しずつよみがえりつつあります。

でも、ちょっといい気持になって、

昨日筋トレの負荷を一気に増やしたら、筋肉痛になりました。

無理は禁物、

気をつけます。
[PR]

by redsunflower | 2010-07-11 11:31 | プライベート | Trackback | Comments(0)

Pleasant workplace

知り合いの外国人からメールが来た。

某有名国立大学の今の有期契約がもうじき切れるから、ポジションを探している。ついては、redsunflowerの大学にも空きがあれば応募したいが、そのまえに

大学がpleasant workplace なのかどうか知りたいという内容。



少し考えれば、教員として働いている大学の評価を当人に求めても仕方ないんじゃないか、とおもうけど。。それもさして親しくない間柄だ。メールが来たのも5~6年ぶりくらいだ。

こういうメールにどう答えればいいのかわからないけど、ご本人の現在の職場だって、法人化や成果主義だといわれ、おそらくpleasant workplace と感じていない先生もおられるはず。責任ある仕事をしていれば、pleasant workplace では必ずしもありえないのではないかなと思う。

え?どのように答えたかって?

私立と国立はいろいろ違う点も多いけど、私は自分の学生が好きだし、TESOLの知識をフル活動させ、責任ある英語教育改革を行えるというのは、pleasant workplace だと思う。

て返事しときました。
[PR]

by redsunflower | 2010-07-10 13:56 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

あの手この手

学期末も近づいてきました。

期末試験はもちろんですが、諸々の英語実技?テストもいろいろ行ってます。

だって、筆記試験だけじゃつまんないでしょう。英語は使えてナンボのものです。

プレゼンテーション(英語で)もあれば、

インタビュー試験もあり、(これはマンツーマンで)

また、速読テストをおこなったりもクラスによってはします。

テストがあると、それなりに勉強してくるんですよね、うちの学生君たち。

だから、私もいろいろなテストを設けて、学生の学習意欲をとぎらせないようにしています。

もちろん、準備も採点も大変ですが、ここは腕の見せ所です。

ある学生いわく、

「先生、このクラス全然ゆっくりできへんなあ~。最後の最後までむずい(難しい、という意味らしい)」

ええ、それが目的です。

ただ、中身が濃い授業で要求度の高い場合、「きびしく」指導すると学生の気持ちがなえるようですから、そこは、「にっこり笑って、やさしく厳しい中身を」となるように気をつけています。
[PR]

by redsunflower | 2010-07-07 15:04 | 教育 | Trackback | Comments(3)

ちょっといいお話

2009年度までの共同科研研究も終わり、その報告書も完成して提出しました。
共同研究者が外国人ということもあり、関係部署への書類作成は必然的に私の分担でした。

研究の成果はほとんど英語で作成したのだけど、最後に私が日本語でまとめた論文を投稿することになりました。3人連名で。もちろん作者は私一人だけど、研究成果は3人のものですからね。。

そしたら、2人の共同研究者が

「僕たちはもうプロフェッサーだから、業績をさほど積み上げる必要はない。よかったら、redsunflowerひとりの著書として投稿したら?」


と言ってくれたのです。

もちろん、丁重に断り、3名共著、としましたが、、、

なんとうれしい人の思いやり、

とメールを見てじ~んときちゃいました。


いやなことの多い世の中、

とてもあったかくなるエピソードです。
[PR]

by redsunflower | 2010-07-05 19:58 | 研究 | Trackback | Comments(2)

珍しく

珍しく帰宅後、論文推敲にかかります。
いつもはくたくたなんですが、今日はハッピーなことがあったせいか
元気です。

(ハッピーな内容は後日。。)

さて、見直せば見直すほど修正箇所が出てきます+へ+

この週末には完成させるぞ!
[PR]

by redsunflower | 2010-07-01 20:49 | 研究 | Trackback | Comments(0)