<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大人買い1 PC決定

PCをオーダーしました。

保障期間内だったけど、とにかく仕事ができないブランクを作りたくないので、

もう一台購入。3台目。


新しいPCが届いたら、

今の調子が悪いPCを修理に出して、

DVD専用にでもするか、

と考えてます。


この世代になったら、

とにかく

多少の費用より、便利さ優先です。

ザ、大人買い?
[PR]

by redsunflower | 2008-11-25 21:31 | プライベート | Trackback | Comments(2)

連休

前回も、前々回の3連休は学会でつぶれてしまったので、

この3連休は久しぶりに自宅にいる予定でした。

でも、連休前に実家に電話したら

父の

「久しぶりだから帰って来い」

と命令のような、哀願のような声。

で、一日日帰りで帰省しました。

ところが、

肝心の父が家にいなかった。。。


老人会の碁会に行っていて、

帰宅したのは夜。。。


(まあ、仕方ないか、碁打ちは親の死に目にも会えない、と母がよく愚痴っていたもんね)



で、帰省して母と少し話し、

ふたりで仲良く昼寝して


ようやく帰ってきた父と少し話しをして


夕食をいただいて帰りました。

連休の一日でした!
[PR]

by redsunflower | 2008-11-24 22:25 | プライベート | Trackback | Comments(2)

マイ湯たんぽ

f0066420_17515820.jpg

スヤスヤ眠っているのは、

羊さん、では、なくて

湯たんぽです。

レギュラーサイズより二回りほど小さく、

でも、この寝顔に癒されます(あら、私ってやっぱりストレスたまってます?)

保温力もそれなりに、

眠るときはいつもぽかぽかあっためてくれます。
[PR]

by redsunflower | 2008-11-21 18:03 | プライベート | Trackback | Comments(0)

ブルーライト・○○○

特急で帰宅途中。

当然あたりは真っ暗なんですが、

最近電車の中から、ブルーな街灯が目に付くようになりました。

何でもTVで

街灯をブルーにしたら、街の犯罪率が大幅に低下したという報道があったらしいですね。

確かに、

ブルーな街灯は、見ているだけでも

まるで水槽の中にいるような気がします。

とても「不安定な」気分になり、

はやく明るい場所に戻りたい=>犯罪なんて起こしている場合でない、

と思うのでしょうか。

ちょっと薄暗くて冷たい感じがして、通行する側も不安定な気持ちになりそうですが、


犯罪率が下がるのなら、試してみる価値はあるのではないでしょうか。
[PR]

by redsunflower | 2008-11-18 18:41 | プライベート | Trackback | Comments(0)

不具合なモノ

発熱でダウンしてしまいました。。。

疲れが蓄積しているのはわかっていたのですが、

ちょっとオーバーワーク気味な毎日と、

精神的なストレスが免疫力の低下をもたらしたようです。

ところで、我が家には私以外にも不具合なモノが2つ。

まず、TV。

十数年モノのブラウン管TVが、最近カラーでなくなって緑にうつります。しかも、最初はまた
カラーに戻ったりしたけど、だんだん緑に見える時間がふえてます。

そろそろ買い替え時よね~。液晶TVかなあ。はっきり言って貴重な休日をショッピングで 
つぶすのはいやなんですけど、TVがダメならビデオもDVDも見れないモンね。至急検討課題です。

そして、PC.
ここのところ調子が悪く、ワープロも途中でカーソルがあちこちとんだりしてストレスがたまりっぱなし。

念のため外付けHDにデータは保管したけど、買ってまだ3年弱なのにちょっとがっかり。
学期中に新しいPCを購入するのも、また仕事が増えていやだな。
でも、仕事が思うようにできないのももっといやだし。

こちらも至急検討なくては。
[PR]

by redsunflower | 2008-11-18 11:52 | プライベート | Trackback | Comments(0)

滞在時間

最近、家での滞在時間が非常に少ないです。

家のPCも週に何度かは立ち上げないまま。。。。


研究らしいことは、主に通勤電車の中でおこなってます。

これでは、いけないと今朝は早起きして研究モードにむりやり持ち込みました。

しかし、ウイークデイに疲れきるとなかなか休日に脳ミソが働いてくれません。

研究には、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖補給と、適切な休養が必要ですね。
[PR]

by redsunflower | 2008-11-16 07:53 | 研究 | Trackback | Comments(0)

源氏物語 女性像

源氏物語に相変わらずはまっている私です。

読めば読むほど、

紫式部のいろいろな意図が推測でき、ますますおもしろく感じます。

もちろん、原文は読んでおらず、さまざまな(現代語への)訳者の解釈によるところも多いと思うのですが。

ところで、数多い源氏の恋のお相手のなかで、

皆様はどの女性がお好きですか。

ここはいろいろ意見の分かれるところでしょうが、


私は藤壺。源氏の義母、つまり帝の後妻で、源氏との不義の子を身ごもってしまうという女性です。前半は、かよわき運命に翻弄されるという感じなのですが、子供を出産したあたりから、「母、強し」というのでしょうか。わが子(ほんとは、源氏の子、でも建前は、帝の子)を帝にするために、源氏の執拗な誘いも頑としてはねのけ、政略的にパワーゲームを乗り越えていくたくましい女性となっていく。この、強さというか、変身ぶりというか

あっぱれ、

というしかありません。


女性はいつでも強くなれる、


という見本のような方です。


1000年前に描かれたこのような「あっぱれ女性」に脱帽するばかり!
[PR]

by redsunflower | 2008-11-11 21:34 | プライベート | Trackback | Comments(0)

Oh, deer.

一昨日、いつものように朝、特急で通勤しようとしたら 電車が遅れてました。

しばらくすると、駅のアナウンスが…

「本日早朝、○○駅と△△駅の間で、シカと列車の接触があり、ただ今ダイヤが乱れております。。。」


かわいそうだけど、わらちゃいました!

タイトルは、Sleeping Beauty のお姫様の口癖、

"Oh, dear!"をもじったもの。

 
こういう優雅な英語を使いたいと思いつつ、まだ使ったことがありませぬ。
[PR]

by redsunflower | 2008-11-09 09:37 | プライベート | Trackback | Comments(0)

胸がいっぱいで。。。

学会でたくさん刺激をもらい、研究に教育にさあ燃えようと元気いっぱいだったのですが、

待っていたのは、

責任ある仕事を時間のない中で仕上げなくてはならないというストレスフルな日々再び。

朝、出勤するときは、胸がいっぱいになります(というか、つまるような、重いような)

帰宅するときはマシなので、やっぱりストレスかな。学会中は何も感じなかったので精神的なものなんでしょうね。今月受けた人間ドックで胃カメラをのんでも、「胃は荒れてるけど、のどは何もありませんよ」、と言われたし。。。

学会でドクターの先輩に、ヤマのような仕事の話をしていたら、

「redsunflowerさん。K大もK学も公募してるよ~。出したら?」

なんて、言われてしまいました(苦笑)。

今の大学もいいところはいっぱいあるし、事務の方々も優秀で手助けもしていただけるし、少しずつでも英語教育も改革できそうだし。

ただ、教員の時間を数量化して考える、という点はちょっと弱いかな~。スーパーマンじゃないんだから、できることとできないことあるよね。
[PR]

by redsunflower | 2008-11-06 21:25 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

学会後

学会から戻りました。

昨日、帰りの東京駅はものすごい人、人、人でした。

あ、世間は3連休だったのですね。指定を取っていなかった私は運良く、ひかりの自由席に飛び込んで、無事帰宅できましたが、秋の行楽シーズンは、普通の土・日の感覚ではだめだと痛感しました。これからは気をつけよう!

さて、学会の後は、いろいろ情報の整理です。

名刺の整理からはじめて、

資料を送ると約束した方には、送り、 

新たに興味をもった分野の学会にコンタクトをとったり、

するべき用事はいっぱいあります。

また、学会の時期にあわせて、母校のpartyもあり、それは、先にお辞めになられたdirectorの送別会色一色でした。。


感動的なスピーチがいっぱいあり、多くの卒業生や在学生が別れを惜しんでいました。あのdirectorなしでは、今のわたしは 決してないと思います。さらに、このように思う人が私以外に、何十人、何百人もいることが彼がどれほど素晴らしかったかを物語っているでしょう。
私は決して彼のような偉大な教育者にはなれそうにはありませんが、彼の教えを受けたものとして恥じない教育者になりたいと思いを強くしました。彼がdirectorでいる間に、ドクターを始めてそして終えられて本当に幸せだったと思います。
[PR]

by redsunflower | 2008-11-04 13:06 | プライベート | Trackback | Comments(0)