<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さて、仕事。

最近、朝に手で絞ってジュースを作ることに目覚めています。グレープフルーツやオレンジを100円ショップで買った絞り器で絞るだけ。。。

美味、

の一言です。気分はセレブです。

さて、あっという間に1週間。

毎日、相変わらず、仕事に追われています。

ある人が、大学の教職員は、

総合職である

といっていましたが、

そうすれば、このくらいの仕事は当たり前といえば当たり前でしょう。

そういえば、遠い昔、民間企業に勤務していた頃は、やはり仕事から帰るとバタンキューしてましたから。

ただ、疲労困憊していると、どうしても研究がおろそかになってしまうのが、頭の痛いところ。

今や、私はSOHO研究者ならぬ、パッチワーク研究者です(・へ・)

今日は、少し時間がとれそうなので、

ゲラチェック、
業務のレポートと起案書
大学への提出レポート仕上げ、
大学への提案書草案
院授業準備


あれ、やっぱり業務がほとんどですね。。。。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-31 10:48 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

学会で

学会では、人との出会いも楽しみなこと。

先の学会では、うれしい再会もありました。

マスターのクラスでご一緒だったO先生。初めてのクラスでご一緒でしたが、そのときすでに彼は某有名大学の教授でした。それでも、英語教授法をマスターとして学ばれている姿にとても新鮮な驚きを覚えたものでした。

話は、自然、大学でのワークロードに。。外国語担当教員は、どの大学でも負担が厳しいようです。入試にしろ、授業にしろ。。その割には、正当な評価がうけにくい、というのもお互い納得したりして。。(ああ、いずこも同じ、と思ってしまいました)


もうひとりは、学会の会長せんせい。
とても人間的に魅力のある方で、英語教育にかける情熱がひしひし伝わってきます。まだ創設まもないけど、この先生のパーソナリティが感じられる学会となってます。去年、一年間ほぼ学会に参加できなかった私に対して、「redsunflowerさん。所属を変わられたのはどうしたのかなとずっと気になっていたのですよ。ああ、専任になられたのですね。そうですか。それはおめでとう!先生のことだから、新しいところでも、専門を活かして活躍されると思いますよ。がんばってくださいね」と暖かいお言葉を頂戴しました。
この先生は、某大学の学長まで勤め上げられた方ですが、こういう会員ひとりひとりにいつも暖かい励ましをされます。私も、こういう人間になりたいといつも強く思っています。

久しぶりにいい出会いをして、さあ、またストレスにも耐えられそうです(笑)。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-27 12:27 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

学会へ

久しぶりに学会へ参加しました。

往復6時間弱の道のりを日帰り。。。朝5時起きです。

体は疲れましたが、研究心にはビタミンをいっぱい補給。

それにしても、大学院生の発表に感心です。

指導教官の指導が、はっきりわかります。

(もちろん、逆の例も)

学会の副産物。

展示で、ふだんなかなかまとめて見ることができない書籍や参考資料を効率よく比較できるのはありがたいことです。

ど~ん、と購入しました。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-25 14:23 | 研究 | Trackback | Comments(0)

禁酒列車求む

特急を利用して通勤している私ですが、

観光客が多くて、にぎやかなおばさまグループに遭遇すると、仕事が妨げれることもしばしばです。

でも、帰り、特に金曜の夜などは、サラリーマンが多くて、別の問題が。。。

先日も車内へ入るや否や、

ぷ~~ん

とアルコールの匂いが充満中。

皆さん、ビールを飲んでいらっしゃるのです。

アルコールは飲まない私。

頭がくらくらしてしまいました。

それに、お酒が入るとおば様たちでなくても、サラリーマングループも結構にぎやかで。

お酒と大声(ご本人たちは普通の会話、と思っているのでしょうが)

にすっかり酔ってしまいました。

禁煙車のように、禁酒車を作って欲しいとつくづく思いましたあ。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-22 21:58 | プライベート | Trackback | Comments(0)

学生いろいろ

私の勤める大学は、今では減少しつつある二部、つまり夜間のコースがあり、私もそのクラスを一部担当しています。

勤労学生が二部の学生に占める割合は減少しつつあるそうですが、私の教える学生は昼間働き、ダッシュ!で夜授業を受けにきています。

高校を卒業したばかりで、親元をはなれ、社会の波にもまれながら、講義を受けるのは並大抵のことではないと思います。


時には、励まし、時にはしかりながらも、仕事と大学を両立させていって欲しいと心から願います。

昔、自分が少しでも企業で働いた(そして、新人時代はよくしかりとばされた!)経験が役にたちます。

みんな、しかられて大きく一人前になるんだからね。最初から、かっこよく仕事できるなんて

TVドラマのお話ですよ~!


なんてね。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-20 08:14 | 教育 | Trackback | Comments(1)

持ち帰り仕事

最近またまた初夏を思わせる陽気が続いているけど、研究室は一斉冷房なので、まだまだエアコンが使える日は遠い。

風通しが悪く、しかも最上階の私の研究室では、室内といえども熱中症にかかる可能性があるので、最近は仕事をできるだけ家に持って帰るようにしている。

SOHO研究室ならぬ、SOHO仕事場です。

仕事の立場上、学部の仕事のほかに教養部的な仕事も私の仕事の一部。だから、作成しなければならない書類や処理案件が山積している。

この土・日も、もちかえり仕事でつぶれそうな気配です。

さ、さっさと仕事終えて、少しでも自分の研究に時間を費やせるようにしよっと。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-17 10:45 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

"おっと”誕生日でした

日々の業務に追われ、家庭をかえりみる時間がめっきり減ったわたし。

幸いなことは、同居人もやっぱり、相変わらず忙しくて、

一日にゆっくり話をする時間がなくともそれほど気にしてない、ということでしょうか。

それでも、今朝、いつものように行きの電車の中で今日のスケジュールを確認していたら、

日付がどこかで見たような数字。。。。

おっと、同居人の誕生日でした。

忘れてはいけないので、同じく日課のスケジュールメモに

帰りに買って帰る予定の「牛乳」の横に「ケーキ」と書き込みました。

甘党の我が家では、とりあえず

「ちゃんと相手のこと考えてますよ~」

というしるしがケーキなのです。

で、ケーキを買って帰りましたが、

やはり忙しい同居人からメ~ル。

「帰宅おそし。夕ご飯パス。先に寝て」だって。

えー、私がケーキひとりで食べるか?それとも夜中に帰宅の夫に食べさせる?

どっちもどっちよね。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-14 20:31 | プライベート | Trackback | Comments(2)

異文化?論

先日の初夏の暑さから、いきなり10度近く気温が下がり、またまた冬服を取り出して着込んでいる私です。

でも、実は先日のアメリカで熱を出してダウンしちゃったのです。(もちろん、アポのあと)
海外でドクターにかかるということは、保険のややこしい手続きをクリアすることから始まり、それはそれで大変だったのですが、数日ホテルで完璧静養し(シーツ交換やら掃除とか毎日していただけるのはありがたかった)、

アメリカ製の抗生物質やら薬をしっかり服用したら、すっかり体力が回復しました。1月の引越し以来続いていた耳鳴りも体調の不安定さも

Gone with the cold!

思いもかけないGWの副産物でした。

さてと、研究ネタ。

共同研究者から、論文書いたから、コメントほしい、とメールとともに論文が届いた。(研究者はアメリカ人)

でも、その論文が。。。

私のカンカクでは、どうみても未完成の、とても人に「コメント」を求めるレベルのものでなかった。もし、学生がこのレベルの論文を持ってきたら

「不可でよければ、そのまま置いて帰りなさい」
「通りたければ、ちゃんと書き上げたものを持ってきなさい」

というでしょうね。

その研究者はドクターも持っているし、優秀な研究者だとは思うけど、こういうとき、しみじみ異文化の壁を感じます。何を求めているのか、どこまで(正直に)コメントすればいいのかわかりかねます。

きっと、「コメント」に対する考えが違うのでしょうね。バラバラの原材料に近い、青写真の時点の論文でも、コメントを求めるなんて、少なくとも私の辞書にはありえないこと。アドバイザーなら別でしょうが。。。

仕方がないので、2,3の論点例をsuggestして、返答しておきました。

それで、よかったのかしら????
[PR]

by redsunflower | 2008-05-13 10:20 | 研究 | Trackback | Comments(2)

ゲラチェック

昨日は大学で5つの会議があったので、疲労が少し残っているけど、今日は朝から出版本のゲラチェックで一日原稿とにらめっこ。。。

いつになっても、校正は苦手です。

まもなく、出版だー。

と思えば、がんばれる、かな。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-10 17:51 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

輝く言葉

GW終わりますね。

皆さん、いかがお過ごしだったでしょうか。

私はこのGW,アドバイザーに会いにアメリカに行ってきました。

いろいろハプニングはあったのですが、それはまた後日。

私のアドバイザー(だった)人は、ジョークが好きで、時には結構辛らつに人を批判したりするのですが(そういえば、現アメリカ大統領が選ばれた時は、「あれはヒドイ、日本の元M首相より悪い」とか申しておりましたね。まだ、9.11より前のことでしたが。)、時々心に一生刻んでおきたい、宝石のように輝くことを言ってくれます。

今回は、私の専任就任から今までの近況報告から始まって、いろいろ話をしたのですが、やはり話は研究のことへ。

「で、お前さんのpublicationはいつなんだ?「おれは、この2年で1冊の本と10本論文publishしたぞ」

「・・・・・」(私、無言)

ただ、次のようにも言ってくれました。

・日本では一度専任になると、それほどpublishしなくとも生きていけるのは、わかっている。アメリカでもテニュアをとったあと、あまり研究に熱心でなくなる教員もいる。要するに自分で決めること。
・ただし、一度研究から遠のいてしまうと、離れれば離れるほど元に戻るのが難しくなること。
・研究は、好きだから続ける。それだけのこと。
・自分の研究には、ステージがいくつかあって、今はセカンドステージくらい。あと、人生でどれくらいステージがあるかわからないけど、興味がいっぱいあって、やりたいことを我慢するのが大変。

そして、何だかんだといいながら、私の研究テーマにそった、文献をいくつか紹介してくれたり、検索サイトをおしえてくれたりしたのでした。

やっぱり、私、がんばらなきゃ、

と心底思いました。
[PR]

by redsunflower | 2008-05-06 20:36 | 研究 | Trackback | Comments(6)