<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

金曜日のランチ

おはようございます。

今朝も朝からお仕事に精を出すredsunflowerです。

毎週、金曜日はちょっと嬉しい日でもあります。もちろん、仕事、会議がいっぱい毎週つまっているわけですが、

「明日は土曜日だー!」というゴール寸前の気持ちに加え、

金曜日はちょっとランチをグレードアップしているからなんです。


いつもの日は、お弁当を出勤途中の駅の売店で買うとか、せいぜいグラノーラをかじる程度(なんせ、教員の昼休みってあってないようなもの。外に(学食もふくめて)食べに出る余裕なんてありません)ですが、金曜だけは、デパ地下でお弁当を買って大学に行きます。サラダだって、何だって、おにぎりからパンまでよりどりみどり。


「今日は何にしようかなあ~」と思いながら売り場をうろうろ(そう、この「うろうろ」できることが金曜日の特権ね!)

毎回新しいランチにチャレンジしています。


中には、少しお値段がはりますが、彩り美しい料亭のお弁当も売ってます。これはひとりで食べるにはもったいないから、だれかと「連れお弁当」する時にでも買おうって思っています。


緊張だけでは、心身ともにもたないから、時には自分をリラックスさせることが大切。私の一番のリラックス法はやっぱり食関係、かな♪
[PR]

by redsunflower | 2007-06-30 07:22 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

「3つ」の仕事

決めましたあ。


怒涛の仕事から、心身ともに身を守る方法!

とても、簡単!


大学を一歩出たら、3つ以上の仕事は考えないこと!

4つ目以降は、次の日、出勤途中の課題といたしましょう。

近頃、頭のキャパシティオーバー状態が続いていたけど、

こう考えたら、すっきりしました。

仕事ってアメーバーみたいに、放って置いたら、ずんずん心の容量をしめてしまいますものね。


はい、私は容量の少ない一昔前の、ディスケットみたいですもん。上手に使わなくっちゃね。
[PR]

by redsunflower | 2007-06-28 19:21 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ひとつ峠をこえる

土曜日からキーッとなって取り組んできた業務がひとつ峠を越しました。

本来なら私ひとりの仕事ではないのですが、諸事情でできない方の分まで引き受けました。

お互いさま、ですものね。

いろいろ事情があり、できない場合は、できるものが、できる限り、お手伝いしなくちゃ、と思います。

ただ、いつも無条件に引き受ける訳ではございません。自分でちゃんと判断しております。

ふふ、ええ、40代になってようやく言えるようになりましたわ。できないことはできないと。
(^_^メ)

最近の風潮として、

これは何も大学に限ったことではないと思いますが、

「何も文句言わない人」に対して、あるいは「パワーのある人からない人へ」無秩序なほど、どんどん仕事が押し付けられるようになってきているような気がします。

相手のことを思いやるとか、鑑みるとか、

そういう言葉が死語になりつつあるような世の中の雰囲気。

だから、

NO!

と、いうべき時は、言わないと。

あら?単に私の周辺がたまたまそうだっただけかしらん?
[PR]

by redsunflower | 2007-06-27 12:51 | 仕事 | Trackback | Comments(1)

時空移動セラピー

ここのところ、ちょっと精神的にきつい日々を送ってました。

詳細はナイショですが、

「綿アメプロジェクト」が最初からつまづきそうで、

プラスいろいろややこしい「おとなの事情」があり、

すっかり意気消沈してた私。

仕事って、こんなもん、と思いつつも、沈んでいく心に気付いていました。

「これはいけない!」

と思って、昨日は4月以来はじめて講演会に行ってきました。ずーっと週末、休日は仕事で新年度になってからは、週末に研究会などに出かけることはご無沙汰してました。


いやあ、元気をいただいちゃいました!

某大学の英語教育改革についてのテーマだったのですが、ここまで、努力、苦労しないと今の日本の英語教育はかわらないのか、と改めて痛感し、自分の抱えていた問題が本当に入り口のちっさな問題に過ぎない、ということに気付きました。

講師の先生のお言葉、

「英語教育なんて、大学からなくなってしまえば、どんなにラクかと何度思ったか。でも、絶望のなかでこそ、パワーが生まれました」。

帰りは、足取りもかるく帰ってきました。

それと、会場となった大学まで、電車にゆられて2時間。

途中、すくすく育っている水田の苗を見たりして、すっかり癒されました。

いつも自分がいる場所と異なる時空に身を置き、気持ちをきりかえることを私はこっそり、「時空移動セラピー」と呼んでおります。
[PR]

by redsunflower | 2007-06-24 09:09 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

やっぱり右も左も。

ああ、今朝は元気良かったけど、

突然の大量!業務が舞い込み、

右往左往でございます。


ま、仕事ってこんなもんでございましょう。


が、

細切れ時間すらなくなっていくのが辛いところです。

一晩ぐっすり寝て、また取り組むことにいたしましょう。
[PR]

by redsunflower | 2007-06-22 22:28 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

論文と向き合う2

現勤務大学の難点は、私の専門の本が図書館にほとんどない、ということ。ライブラリー間で借りてもらうか、近隣の大学図書館に行って、見せてもらうしか手段はない。

でも、時間を細切れでしか使えない私にはつらいところだ。

特にアメリカの一般的ではないジャーナルになると、リクエストしてもいつ届くか不確定、と言われた。

こうなれば、えーい、奥の手だ!

著者に直接お願いしてみよう、とメールを送ったのが一昨日。お願いだけでは、何なので、自分も同じトピックで研究しているからと昨年学会で発表したアブストラクトも一緒に送った。

著者からすぐ返事が届いた。

「OK.すぐ送ります」とのこと。

このフットワークの軽さよ。

相手は、メジャーにバリバリ論文を書いている大研究者。

それでも、こうやって、見知らぬ研究者に対して、すぐレスポンスしてくれる。

これなんですよね。私がドクターにまで進もうとおもった要因は。

しばらくの間、こういうすがすがしい気持ちを忘れておりました。

先のエディターといい、この研修者といい、いい刺激になりました。

こうなればやはり私も論文にとりくむしかありません!
[PR]

by redsunflower | 2007-06-22 07:30 | 研究 | Trackback | Comments(0)

論文と向き合う

改訂論文と向き合っております

エディターから頂いた励まし。


やっぱり、できることはやってみようと決意いたしました。

とはいえ、この論文のトピックとは最近、疎遠もいいとこ。

遠い記憶をたどるべく、文献を読み直すとことからはじめています。

細切れしか、時間取れないんですけど。

他の仕事もあたまから離れないんですけど、

でもね、エディターのメールにうたれました。

メジャージャーナルのエディターしていたら、きっと忙しいのに、
無名の私の論文を「すておく」こともできるのに、

職場を変わったから、少し猶予がほしいとあつかましいお願いしたら、

「私も経験あるからわかります。時間かけて、いいものに仕上げて」と言ってくれました。

(もう、一年も改訂できてないのに(・へ・)…


こういう研究者と末端でもかかわりになれること、

この仕事の醍醐味だと思います。

日々の雑務、仕事、教育ももちろん大切なことだけど、

自分が、何故ドクターまで進んだか、何を目標としていたのか、

初心を忘れないようにしたいです。
[PR]

by redsunflower | 2007-06-20 08:58 | 研究 | Trackback | Comments(2)

♪How many いい顔?

帰りの電車のなか。

私立中学の学生が電車の中で、英語の問題集を開いている。

「おお、英語か。。。どれどれ(と横目でちらっ、ちらっと見る)」

中一英語問題集、とある。

さらに、

「どれどれ」、と横目でちらっ、ちらっと見ると、


名詞の複数形、とあるではないか?

しかも、

How many 複数名詞とかなんとかとある。

おいおい、まだ、6月だぜ。中一になって、英語習い始めて、まだ2ヶ月ちょっと。

それで、

「How many 複数名詞」は、ないだろーっと、思いました。

公立育ちの私は、確か中一の3学期で習った記憶があります。

今、私立の進学校ってみなそうなのでしょうか?

こういうスピードで学習していかないと、有名大学とか医学部とか行けないわけですかあ?

私なら、仮に私立中学へ入学できても、きっとついていけなくなること、まちがいなしです。


あの、電車の中の女子中学生、大丈夫かなあ。

ちなみに、♪How many いい顔?がわかった方は、私と同世代ですよん。きっと。
[PR]

by redsunflower | 2007-06-18 21:52 | プライベート | Trackback | Comments(3)

ああ、研究。

なんだかとっても研究したくなってきた。

もちろんそれらしきことは、しております。

今かかわってる2つの共同研究から学ぶことはいっぱいあるんだけど、

自分でリサーチテーマ見つけて、

自分でデータとって、

自分で分析して、

自分で苦しんで論文書いて、

してみたいです。無性に。。。


体hは一つしかないので、綿アメプロジェクトにかかわればかかわるほど、実現が難しくなっていくジレンマ…

ストレスが体の発疹として出てきちゃいました(あ、麻疹は子供の時終えてますからね)

さ、さっさと仕事片付けて寝ちゃおうっと。
[PR]

by redsunflower | 2007-06-16 22:18 | 研究 | Trackback | Comments(0)

地下鉄OL線

地下鉄と私鉄を乗り継いで、2時間通勤していることは以前書きました。

その地下鉄のお話。

私の出勤時間帯は女性がとっても多いのです。地下鉄OL線とひそかに呼んでいます。

おそらく、沿線にデパートとか、専門店街とか多いせいでしょうね。

ちなみに、帰りの時間は、サラリーマン風の方も多いです。

でも、メインの路線でないので、超ラッシュに巻き込まれないだけでもありがたいことですね。


私鉄では、授業の予定とか、一日の予定を考えたりして、
地下鉄では、大抵原稿チェックします。

帰りは、さすがに疲れていて、

最近はボーっとしてる時間がふえたかな。あと、睡眠時間の確保!とか(笑)。

もう少し、人生に余裕がほしいと思ったりします。(><)
[PR]

by redsunflower | 2007-06-16 18:22 | プライベート | Trackback | Comments(0)