カテゴリ:教育( 110 )

学期半ば

今学期も半分が過ぎた。ここのところ提出物のオンパレードで忙しい。

仕事量としては「提出物なし、期末試験一本」が最も楽なのだろうけど、最も学生が伸びないメソッドなので、私は導入していない。

かくして、毎週採点物の山になってしまう。

苦しいけど、研究者であるまえに、教育者でありたいので、頑張らねば。
時々、はっとするほど伸びる学生がいるのでそれが嬉しい限りである。

本日も会議の前に、昨日集めたレポートのチェックをします。

[PR]

by redsunflower | 2015-06-05 07:51 | 教育 | Trackback | Comments(2)

2014年度全講義終了

2014年度の講義も終わりました。新しくスタートした講義もあり、結構試行錯誤しながらでしたが、学生の評判もわりとよく、ホッとしました。でも、自分としては改善すべき点がいろいろあると思うので、来年に活かしたいと思います。
さて、今後、期末監督や、入試監督、もろもろの業務と仕事が続きます。

まだまだ気が抜けません。

[PR]

by redsunflower | 2015-01-27 11:24 | 教育 | Trackback | Comments(0)

英文校正顛末

先の異議申し立ての英文校正だが、ゼロから別の人にやり直してもらえることになった(そう強く申し立てたから)。
はっきりいって、やはり担当者のレベルというか意識はいろいろ。でも、このようなことは言っても仕方ないので、いい校正をしてもらった場合には賛辞を送り、いい加減な場合にはちゃんと修正を要求する、この積み重ねが結果としていい仕事をまんべんなくしてもらえることになるとつながると思う。一番いけないのは、校正を受けっぱなしにすること。そうすると、この程度でいいのかという誤った認識を相手にもたれてしまう。
幸い、私が利用している会社はフィードバックを重視しているので、理由を説明したうえでのやり直しには前向きだ。だからこそ、使い続けているわけだけど。

というわけで、再校正がとどくまで別の準備に取り掛かることにしよう。

夜は、昨日届いた「捏造の科学者」の続きを読みたいのでそれまで頑張りたい。年明けに注文したら、初版売り切れ状態でなかなか手に入らず、ずっと待っていた本なので楽しみである。

[PR]

by redsunflower | 2015-01-21 09:41 | 教育 | Trackback | Comments(0)

仕事いろいろ

私のゼミのシラバスは普通に読めばかなり厳しめだ。

ただ、その日本語の意味が伝わっていないまま、ゼミを選択したと思う学生が少なからずいる。ゆとり教育世代のゆとりの賜物か?と思う。
私のゼミ生以外の学生に聞いたら、他の多くのゼミではほとんど注意を受けないらしい。ゼミは楽、という声も聴く。

私が極端なのだろうか、いやいや高い授業料を払っている親御さんのことを考えるとそれなりの教育はせねばと思うけど。

迷いつつ、思案します。

[PR]

by redsunflower | 2014-12-05 10:01 | 教育 | Trackback | Comments(0)

ゼミ

私の勤務大学のゼミは2年後期から始まる

新しい2年ゼミ生は、

「今までと異なること多し」で軽いめまいを覚えるほど。こちらが年を取ったのかもしれない(事実だけど)、でも、それを差し引いても、驚かされること多数。

まあ、私も歳とともに辛抱強さも身についたと思うので、支障はないけど。堪忍袋をいくつも教室に持ち込まなくては、、、

逆に学生の立場から言えば、今までマイペースで特に大きな不都合もなく生きてきたのに、「何でこのゼミではあれほど細かく指摘されるんだ」ということなのでしょう。

しばらくは両者のせめぎあいが続きます。

[PR]

by redsunflower | 2014-10-17 08:33 | 教育 | Trackback | Comments(0)

秋学期の教室

秋学期が始まって3週間。

新しい講義がいい感じでスタートできたのはよかったのですが、これまで手ごたえを感じていた講義科目(英語)がどうも覇気が感じられません。
テキストの英語力想定レベルもシラバスに明記し、その英語レベルに達していない場合は勉強量が増えるよ、と注意をしていたのですが、どうもそのあたりをスルーして履修した学生が結構いるようです。

かといって、それなりの英語力のある学生もいるわけですし、レベルを簡単に下げて授業することもできません。ここが思案のしどころです。

説明を少し増やし、プリントも配布する。でも、できる学生へのプッシュも忘れずに、ととりあえず修正を加えつつ進めていこうと思います。

クラスはやっぱり生き物です。やりがいを感じる面でもあり、大変な面でもあります。

[PR]

by redsunflower | 2014-10-07 09:02 | 教育 | Trackback | Comments(0)

新学期バタバタ

管理が下手というか、新学期のこの時期、

「あの教材CDはどこ?」
「前に使ったあのプリントは?」

等バタバタと探し回っております。

PCで作成したものはPC内検索すればいいのですが、そうでないものは探すことばかり。

もっときっちり管理しなきゃ。

ただ、授業が多岐に及んでいて、使う資料も多種多様。ビデオ、カメラ、PC,CDプリントなど。
もしかして私自分の能力以上に抱え込んでしまってるのが一因かも。

[PR]

by redsunflower | 2014-09-30 08:51 | 教育 | Trackback | Comments(0)

秋学期開始

いよいよ秋学期がスタート。

今期は新しい講義を受け持つ。予定では夏休み中に準備を終えている予定だったが、4回目までしか完了していない。あとは、自転車操業。

でも、学生たちが予想以上にのってくれて第1回目は無事終了した。あとは、そのテンションをどう維持させるかが問題。試行錯誤が続きそう。

めざせ白熱教室。(目標は大きく)

[PR]

by redsunflower | 2014-09-23 10:20 | 教育 | Trackback | Comments(0)

嬉しき日♪

台風が近づいてきてお天気は悪いのですが、今日はとってもいい日♪でした。

今春卒業したゼミ生から、難関の国家公務員試験に受かり某省に内定が決まったという嬉しい報告がありました。よかった。よかった。一日12時間程度受験勉強していたそうです。

ゼミ生には皆同じく接してきましたが、ゼミで学んだことを真正面から吸収した学生でした。
二次の面接では、「ゼミで学んだことを全部PRできました」と言ってくれたのは教員にとって最高の褒め言葉です!

「辛抱が勝つってほんまやな」とは「序の舞(宮尾登美子作)」に出てきた言葉ですが、2年半頑張った彼を誇りに思います。

こういう日は、普通ならワインで乾杯、としたいところですが、飲めない私は何故か中島みゆきのCD「あ・り・が・と・う」が聞きたくなり、ほっかほっかした気持ちに包まれております。
[PR]

by redsunflower | 2013-10-24 21:10 | 教育 | Trackback | Comments(0)

祝日は休もう、休みたい、休めれば

海の日も大学は講義でした。

授業しましたけど、なんか違うなって感じが例年になく大きかったです。

梅雨明けの猛暑の中の貴重な祝日「お休み」ですよね。

まじめな学生君たちは大学に来ました。でも、気の毒な気がする。

非常勤の先生は祝日出勤したらちゃんと休日手当出ているのかしら。。

私?もちろんそのようなものはありません。

祝日は休みたいですよね~。やっぱり。
[PR]

by redsunflower | 2013-07-16 18:16 | 教育 | Trackback | Comments(0)