カテゴリ:教育( 110 )

連休明けはレポートチェック

連休明けに複数クラスで課題=レポート提出を命じておいた。提出率は良かったのだが、、、

将来が懸念されるレベルのレポートもありちょっと心配。

本当にベストを尽くしてこれなのか、
「レポートなんて」これくらいでいいでしょ、と判断してこれなのか、

いずれにしてもまた面談をしていかなくては。
面談するにも細心の注意とエネルギーが必要。

ただ、中には素晴らしいレポートもあったので、花マルをつけて返却しよう。





[PR]

by redsunflower | 2017-05-10 10:09 | 教育 | Trackback | Comments(0)

採点業務

春休みに出しておいたレポート課題→採点
授業初回の小テスト→採点


はい、新学期早々採点に追われています。教員は大変だけど、コメントやフィードバックがなければ学生は頑張って課題をやろうという気にならないでしょう。
ただね、 日本の文系では「テストやりっぱなし」、「レポート出したっきり」というのがいまだに散見されるのですよ。私が学部生の時は心理系だったので実験レポートや課題が毎週あって、一応先生からコメントがついて返却されました。
私立文系は学生数が多いから厳しい面もあるのでしょうが、ここが大学教育の質を担保する大事な要素の一つではないかと私は思っています。

ということで、採点、採点。

[PR]

by redsunflower | 2017-04-15 09:51 | 教育 | Trackback | Comments(0)

卒論指導 ほぼ完

今年度の卒論指導がほぼ終わり、やれやれである。
まだ最終提出までは気が抜けない、とりあえず終了だ。

お正月に読んだ文芸春秋の昨年号にシンクロの井村コーチのお話が載っていて、全日本レベルの選手でも平気で「私は必要とされてませんから」とか言って世界選手権の前に世界レベルに達していながら平然と辞めていく、と嘆いて(あきれて?)おられた。かの井村コーチですら閉口する現代っ子気質なのだ、と自分も変に納得した。

まあ、それでも早々とゼミを辞めた学生(私のいる学部はゼミなし生も制度上ありなのだ)以外は、何とか草稿を仕上げたのだからよしとしよう。中には、頑張りを見せた学生もいたのはもちろん嬉しい。

[PR]

by redsunflower | 2017-01-11 11:29 | 教育 | Trackback | Comments(0)

卒論指導続く

朝から卒論指導の続き。
合間に不要な書類を捨てる。もっとすっきりしたいが、片付けも意外とエネルギーを消耗することに最近気付いた。せいぜい1回につき15分程度?

卒論指導の中で、不誠実な提出(かのSTAP細胞騒動もどきの)をする学生には時には厳しく叱る。文系と言えども、社会人になったら自分の書いた書類、文書には責任が伴うのである。コピペ、古いバージョンファイル等々の言い訳、やはり指摘しておかねば。


そして、疲れ果てるのであった。でもここはやっぱり最後の砦かと、思う。

[PR]

by redsunflower | 2016-12-20 17:51 | 教育 | Trackback | Comments(0)

キョウイクの力

4回生の就職活動も峠を越したようです。今年の4回生には、個人面談を繰り返し、「これでもか」というくらい就活に介入しました。もちろん全員がもろ手をあげて賛成したわけではないけど、やっぱり内定の決まった学生は、「プッシュしてもらってよかった」などと言う学生が多いようです。

おせっかい、かもしれませんが、当分はこの路線にしようと思います。

[PR]

by redsunflower | 2016-09-28 16:08 | 教育 | Trackback | Comments(3)

進まぬシラバス

来週から講義が始まるので、現在シラバスとパワーポイントづくりの真っ最中。

同じ授業でも毎年、改良を加えているので、手直しが多い。いろいろ考えていて、なかなか進まない。
授業開始週はコピー機が大混雑するので事前に大学に行ってコピーを一通り済ませておく、というのをモットーとしているがはたして今回はできるだろうか。。。





[PR]

by redsunflower | 2016-09-13 12:01 | 教育 | Trackback | Comments(0)

採点完了

やっと採点完了。他の科目はすでに先週終えているので最後の採点であった。

老眼以上に、私を悩ませたのは、学生の日本語の文字。今の学生はフルゆとり教育を受けてきたせいか、手を使って字を書くという過程がスッポリ抜けているためとしか思えない。とにかくミミズのような字でかかれた答案が多かった。おおざっぱな印象だけど、ちゃんと文字に力が入っている学生は、比較的出来が良かったように思う。

子どものときは、字は書かせなくっちゃ。指先は脳の神経回路ともつながっているんだし、、、等ぶつぶつ言いながらの採点。でも、全体的にちゃんと勉強している学生が多かったので、ホッとする。

今日の息抜きは、TVアニメしろくまカフェ
私はアマゾンプライムで楽しんでいる。動物たちの適度なゆるさに癒される。

[PR]

by redsunflower | 2016-07-26 17:38 | 教育 | Trackback | Comments(2)

採点中

朝6時に起きて、期末試験の採点中。

今回の期末試験、学生の復習を促すために、記述たっぷりで作成した。これが採点を大変な作業に。しかも、余白が少なかった。少しずつ進んでいる老眼のことをすっかり忘れていた私。

今日は、答案と格闘します。

[PR]

by redsunflower | 2016-07-26 09:25 | 教育 | Trackback | Comments(0)

ある授業

教えはじめて2年目の講義。

自分の専門ではありませんが、カリキュラムの都合で教え始めました。
一応修士の時に、よく似たクラスをとったのですが、アメリカと日本では学生の置かれている環境が違うのでゼロからのスタートに近かったです。

まずは、本を大量に買い込み、乱読。その頃私はちょうど10日ほど入院したので、病院にキャリー一杯本を持ち込み、検査の合間に読み進めました(時間だけはたっぷりありました)。そこで講義のアウトラインをざっくり考え、使用テキストを決定。

遅い時限開講なので、こじんまりしたクラスですが、参加型授業をモットーにワークショップ式で進めています。学生にとっては、自分の意見を授業内で述べるのは新鮮のようです。ただ、単に参加しただけではなく、基本知識が身につくようにと試行錯誤しています。いつか社会に出た時この講義の何かを思い出してくれたら、、と願いつつ。





[PR]

by redsunflower | 2015-11-01 20:34 | 教育 | Trackback | Comments(0)

採点終わる

期末の採点終了す。
今回は、採点が大変な記述式を増やしたので、自らのクビをしめるごとくだったが、採点していると学生がどこで躓いているかよくわかった。
思った以上に、ちゃんと勉強してきた学生が多かったので嬉しいところ。

ゆとり君たち(ゆとり世代の学生)は、放任すれば自主的にはなかなか動かないが、指導すれば結構まじめに準備してくる点は長所だ。大学だから、こんなところまで、というのではなく、事細かにでも大量の勉強の指示を出し続けることにしよう。


あとは、成績への転記のみだ。もうひとふんばり。

[PR]

by redsunflower | 2015-07-21 17:35 | 教育 | Trackback | Comments(0)