カテゴリ:未分類( 65 )

模様替え

明日から8月!

「夏休み真っ盛り」にもかかわらず,海にも行かず,ひたすらお仕事のわたし.

せめて,気分だけでも「夏」するのだ.
[PR]

by redsunflower | 2006-07-31 17:58 | Trackback | Comments(0)

7月総括!元気です!

恒例の7月総括.

最近投稿内容が妙に内向き(!?)なので,もしかして心配してくださっているかもしれませんが,

「元気です!」

若い頃は文学少女だった私は,ときどきその名残をのぞかせるかもしれません.でも,しみじみと人生を味わう年齢に達しているだけです.40台って結構悪くないですよ(KOBO以外では;はは,どうしてもこのネタにたどりつくかあ?)悪く言えば「おばさん」的要素.でも,周囲に気を遣いすぎることなく自己主張することは,私は20,30台ではできなかったので,今はとても楽です(^ ^;).

海外メジャー論文改訂が一向に進まない(時間がとれない),のが7月の反省点.でも,それ以外は頑張ったと思う.初講演会も無事終わり,それが次の形へと(本出版)動き出そうとしている.これは,予想外の展開で嬉しい誤算だ.

今のところ夏バテ傾向なし!これも成果(例年より涼しかったけどね).

一番嬉しかったのは,「公募落ち」をここに書いた時に,励ましのコメントをいただいたこと.孤独感が吹っ飛びました.ブログやっててよかったなって,しみじみ.有難うございました!

8月も燃える夏に挑戦します!皆さん,よろしくお願いします.
[PR]

by redsunflower | 2006-07-31 14:45 | Trackback | Comments(0)

「幸せリスト」

数年前,Dで悩んでいた時に作った詩を再発見...

この気持ちを大事にしたい.

「幸せリスト」

家族が健康で暮らしている
何不自由なく暮らしている
家がある
食べたいものが食べられる
欲しいものをお店で選ぶことができる
仕事がある
収入がある
夢がある
心地よく眠ることができる
空が青い
銃弾が飛んでこない
洗濯物が良く乾く
100円ショップが近くにある
お日様が心地よい
月がきれいだ
カノンが胸に響く

あと幸せには何が必要というのか?
[PR]

by redsunflower | 2006-07-30 16:47 | Trackback | Comments(0)

5月決算

4月に引き続き月末決算日.評価★★★★☆

ちょっと体力的に厳しかった時もあったが,何とか乗り越えた.「ポートフォリオ効果」というのだろうか.職場で多少のことがあっても,別の軸足を持つことで,気持ちがずいぶん救われるようになった.

2つの学会では懇親会も出て,少しずつ知り合いの先生も増えてきた.これがすぐ職につながるとは思えないが,ネットワークを広げることは将来への投資だと考えている.それに,私の研究に少しでも興味を抱いてくだされば,やはり単純にうれしいものね.

反省は,もう少し論文改訂に時間を費やしたかったこと.先行研究をもっと読みたかったことだ.

これらを踏まえて,さあ,6月は海外メジャーシャーナルへ向けて,勝負するぞ.
[PR]

by redsunflower | 2006-05-31 19:31 | Trackback | Comments(0)

Spatial or Temporal?

「きっちりしている」

と私はよく言われる.

自分でもたぶん,そうだろうと思う.

心配性の母親の影響か,事前に準備をきっちり終えていないと気分が落ち着かないタイプだ.(事前,といってももちろん直前でない.数日の余裕を持って,と言った方が正しいかも).これでも結婚後はゆったりペースの同居人に感化されてずいぶんきっちり度は低下としたと思うのだけど,やはり人の目にはきっちりさん,と映るようだ.

しかし,私は時間や予定のマネージメントはきっちりしているが,整理整頓はあまり得意でない.資料の整理や片付けはつい後回しになり,「大捜査」がよく始まる.SOHO研究者は自宅が仕事場なので,片づけがうまくいかないと家中に迷惑をかける.居間を使用していたときはさすがに同居人に「僕の居場所がない」とこぼされ,応接間を仕事場にした.

しかし,すでに物があふれている.本やコピー,書類などいっぱいいっぱい.長期休暇中には大整理日を作るのだが,すぐあふれてしまう.「こりゃ,早く専任になって,研究室を確保するしかないな」とあふれた本を見ながら真剣に思います.

昔,学部生だった頃,心理学を専攻していた私は,性格検査をいろいろ実習で取り扱った.そこで,時間的整理ができる,と空間的整理ができると分けて分析していた検査があったことを思い出す....まさしく,わたしがそれに相当するなあ.
[PR]

by redsunflower | 2006-05-18 12:16 | Trackback | Comments(0)

くまのプーさん

落ち込んだ時にどう対処するかは,人それぞれでしょう.家にペットを飼っている人はペットと無邪気に遊ぶ.あるいは,かわいいお子さんがいらっしゃる方は,その寝顔をみているだけで心安らぐかもしれません.しかし,どちらにも当てはまらない私は,自分なりにここに行けば安らぐ,という場所を決めています.

それは,

「100円ショップ!」

家の近くのスーパーに100円ショップができて3年,ずっと愛用させてもらってます.買うのはほとんど文具の類.趣味と実益を兼ねていて重宝している.封筒とか,付箋紙とか,クリップとか家にいっぱいストックしています(注意:私はSOHO研究者,よって,備品などというしゃれたものには縁がない)最近の100円ショップはアジア雑貨にも力が入っていて,これはみているだけでもまるでベトナムのおみやげ物屋さんに迷い込んだような錯覚に陥ることもしばしば...

うろうろ店内を歩き回るのは,まず,運動になる.それに,うーーんと買ってもせいぜい1000円少々,さらに文具は実用品だ.無駄はそこにはない(ときっぱり).

で,きのうも行って来て買いました.戦利品はプーさんの消しゴム.くまのプーさんの顔がそのまま消しゴムになっていて,5個いり105円(消費税込み).色も形も申し分なくプーさんだ!(時々まがい物のキャラが出回っているので注意が必要).見ているとこちらまでホンワカしてくる.よってストックではなく,ふでばこ行きに決定.すでにふでばこには消しゴムが入っているが,特別待遇だ.

私はよく電車の中で仕事をするが,電車の中で仕事をしている女性のふでばこからプーさん消しゴムが見えたら,それは私です.決して怪しいものではありませんので,念のため.
[PR]

by redsunflower | 2006-05-07 13:34 | Trackback | Comments(0)

追憶

3年前の今日,私は友人を亡くした.

優秀な高校の英語教師だった彼女とは修士課程で知り合った,お互い忙しい身,授業の時しか顔をあわせなかったけど,彼女の人柄,そして何より教員としての意識の高さに尊敬の念を覚えた.社会人になってから,このような素晴らしい人とめぐり合い,友人となることができたことを心から喜んだ.

ある4月のはじめ,授業を終えて夜帰る際に,「明日,授業初日の準備をこれから帰ってしなきゃ,今日徹夜になるかも」と言った彼女に,私は「○○さんくらいベテランになれば.そんなに必死にならなくても,何とかできるんじゃない?」と少々疲れが見えている彼女を気遣ったつもりで言った.

すると,

「高校生には,初日で”この先生についていけば絶対何とかなる”と思わせることが大事なの.だから,綿密な準備はかかせない.そうしなきゃ,彼らからみれば,私はただのおばさんよ」と彼女はきっぱり言い切った.

私のDの際も,まだ草案段階で彼女に「**をテーマにしようと思うのだけれど」と言うと,すかさず「それは英語教育では絶対大事なトピックよ,がんばって!」と励ましてくれた.まだ,海のものとも山のものともわからない段階だったので彼女のコメントにどれほど励まされたか.

Dのパイロットスタディにも参加してもらった.パイロットでは,信頼できるフィードバックをもらうことが何より大切だからだ.当時彼女はすでに病気を抱えていて,療養中だったが「体調のいい日に少しずつやってみるわ」と言ってくれた.

パイロットも順調に終わり,本スタディにも参加してもらうはずであったが,3月に国際学会から帰国した私に一通の手紙が届いていた.それには「体調が悪く,リサーチの件も途中で降りるより,今降板したい.ごめんね」と書いてあった.普段の彼女からは想像できないくらい字が弱々しかったのが気になったが,「また,体調がよくなったら別の研究でアドバイスしてね」と返事を返した.その当時は,彼女がそれほど具合が悪いとは思わなかったのだ(また,そういうことを感じさせる人ではなかった.最期まで...)

それから1ヶ月後の4月29日,彼女は永遠に帰らぬ人となった.

私はDを終えることができたのは,ひとえに彼女の名前をDの謝辞に残して出版したいという思いがあったからだと思う.彼女という優れた教師であり,母である人が存在したということをとにかく記録に残したかった.Dで落ち込んだ時は,そのことだけが支えになってくれた.

今でも何故,彼女のような人が亡くならなければならなかったのか,納得できない.きっとずっとわからないだろう.でも,ひとつだけいえることは,もっと生きたかった彼女に対して,残っている私は自分の人生を彼女に恥じないものにしなくてはならないと思う.
[PR]

by redsunflower | 2006-04-29 09:48 | Trackback | Comments(1)

脱稿

ようやく論文推敲終了。

明日、クロネコすることで一応投稿作業は終わり。ま、論文のできはどうだろう。査読者の目で見ると7割くらいか。。。でも、今の自分では考えられるところまでいった。独力ではどんなにあがいてもこれ以上劇的に質が伸びるのは期待できない、と判断した。あとは査読待ちだ。

理系の多くの研究と異なり、文系の私の分野の研究は、究極のところ、「なくても困らない」だろう。誰かの命を救えるわけでもないし、ものすごーい発明でもない。特に日本のように日本語母語話者が大多数をしめ、日本語だけで生きていくのに何の不都合のない国にいては、語学教育の研究は、まだまだ認知されているとは言い難い。

じゃ、「何のために研究するの?」

3月に出席したセミナーに来日したとても有名な某研究者が”What's the purpose of your research?"と問いました
ドクターコースの誰かが”Dを終えること”、と応えました。
すると先生が"Is that all?"
またほかの学生が"to publish"というと
するとまた先生が"Is that all?"そして、

どんな研究にも社会的影響力があるから、どういう形にしても社会に公表して、貢献することが最終目的のひとつだ、とおっしゃいました。

目からうろこ(@|@;)。

たとえ、あるかないかの研究でも、積み重ねることでもしかして社会に対して貢献できるなら、publishしつづけることは、研究者の義務だと思う。まだまだ巣立ったばかりの研究者にとって、失うものは何もない。自ら投稿することで、研究を深め、それを次のステップに結び付けたいと願うばかりだ。
[PR]

by redsunflower | 2006-04-26 21:22 | Trackback | Comments(0)

あと1週間。

あと1週間。もちろんゴールデンウイークまで。もちろん大学だからカレンダーどおりの休日だけど。(中には、休講にしちゃう教員もいるみたいだけど、私は休講はしない主義。シラバスにもきっちりスケジュールをいれてある)

新学期が始まり、新しい生活パターンになじむまでの1ヶ月はやはりあれこれ多忙だ。だから、ゴールデンウイークの連休は本当にありがたい。掃除をしたり、草引きをしたり、ちょっとのんびり昼寝したり、と今からもくろんでいる。今年は5月に2つの発表があるのでその準備もしなくてはならないが、それだけしか仕事は入れない予定だ。

さて、この4月末までの1週間、最後の勝負。投稿論文推敲とabstractひとつ提出すること。

これをクリアしてから、きっちり休みに入りたい。疲労気味だけど、がんばるぞ!
[PR]

by redsunflower | 2006-04-23 20:32 | Trackback | Comments(0)

「あぶく」

昨日は新学期の疲れがどっと出た。よって帰宅後、即就寝。
(晩御飯はつくりました。はい)

今日も授業。授業中は疲れを感じないから不思議だ。学校では、相変わらずいろいろあるけど、「あぶく」に巻きこまれないようにしようと思う。大学だからだといって、「立派な人」ばかりの集合体ではありえない。(せいぜい「ご立派」どまりだ。)いちいち気にしていたら、ストレスがたまるばかりだ。

今年の目標は「あぶく」ではなく、大きな潮流に身を投じること。論文作成だったり、学会発表だったり。同じ苦労を強いられるなら、生産的な苦労をしたい。

先日、授業日は帰宅後、思考の切り替えがうまくいかないと書いたが、帰宅後は次の授業の予習に当て、翌日頭がフレッシュな時に、研究のことを考えようと思う。

月末まで、勝負の論文、絶対投稿すると心に誓う。
[PR]

by redsunflower | 2006-04-19 18:07 | Trackback | Comments(0)