カテゴリ:未分類( 65 )

講義終了

今年の講義が終わった。まだ卒論とレポートの提出を採点しなくてはならないが、とりあえず一段落した。外はすごい雨である。
[PR]

by redsunflower | 2016-12-22 18:48 | Trackback | Comments(0)

「あの日」小保方晴子著 講談社

図書館で借りてきた本。

今さら、あの事件を説明するまでもないが、研究者のひとりとしての感想。どうしてもぬぐえない疑問が残るので、きびしい感想になってしまうが、ご容赦を願いたい。
本に書かれていることが事実なら、彼女の実験に関する情熱はうかがえた。また、メディアの追及に心身ともに参っている様子は同情の余地はある。

「博士論文の草稿」を提出して、結果的にコピぺの部分がそのまま残ってしまった。この博士論文は国会図書館にも収蔵されてしまった、とある。まず、これは理解できない。博士論文の草稿か最終稿か区別できない人は、研究データの管理もできないと思う。博士論文に、「うっかり」、とか「つい」などはあり得ないと思うのだが。アドバイザーは、最終稿を確認しなかったのだろうか。それとも、このレベルで博士号が授与される大学があるのだろうか【結局、剥奪されましたが】

STAP細胞はある、と主張するが、科学の世界では「再現性」が必要で、自分には特殊なスキルがあって何度も成功したとあるが、それを再現できて初めて「科学的にある」といえるのでは。今の段階では、「常温核融合ができる」とその昔センセーショナルに登場し、その後偽物といわれた科学者と同じなのではないだろうか。

理研も税金を使って研究してる研究所。私の勤務大学では一円単位でも購入したものはその理由を明らかにし、「検収」を受けるという研究費の使用については厳しいルールがある。私立大学でも国の補助金を受けている以上、仕方ない。また、科研費をいただいたなら、その研究については筆頭著者はすべての責任を負わなくてはならない。このあたりの、認識がどうも彼女には欠けていたと思うが。本人も未熟であった、と述懐しているが、未熟な人が多くの研究資金(税金)を使ってもらっては困るな、というのが私の感想だ。

最後に、本は258ページにわたるしっかりした日本語で書かれ、説明も簡潔。「うつ状態で、再現実験もままならなかった」と再現できなかった理由をあげているが、この本はもしご本人が書いたなら、準備から1年近くはかかるだろう。

日本語とはいえ、258ページの本をこれほど高い完成度で出版できる人ならば、データ管理もしっかりできる能力はあっただろう、という逆説的な疑問も残った。

本人にインタビューして、ゴーストライターが原稿を書く、という手法も出版業界にはあるらしいが、さて、どうだろう。



[PR]

by redsunflower | 2016-07-09 10:50 | Trackback | Comments(0)

ロウバイ 咲く

f0066420_13140096.jpg
暖冬のせいか例年より早くロウバイが咲いてます。花びらが蝋細工のようでこの名前がついたと昔習っていたお茶の先生から聞きました。水仙のようないい香りがします。


[PR]

by redsunflower | 2016-01-12 13:12 | Trackback | Comments(2)

年末年始

あってなかった年末年始 今年は年賀状も準備できませんでした 賀状を頂いた皆様 ごめんなさい
相変わらず病院との往復でしたが いつもブログを拝見している方から オンライン映画のお話しを聞き ふと思い出したのがアマゾンプライム。私無料トライアル期間をうっかり過ぎてしまい有料会員になってしまっていたのです。アマゾンプライムが映画見放題のサービスをスタートしたのを思い出し 試してみました

プロセスは思ったより簡単 そして映画の種類は期待以上でした あまり映画を観ることはないけれど 新聞の映画紹介などはひととおり目を通しています ただ、たまに見たい映画があっても私が見たい映画はあっと言う間に上映期間が終わってばかりです

そんなわけで見たかった映画を何本かまとめて見ました 病院から帰ってすぐに気分転換するのは難しかったのですが こたつでゴロゴロしながら 映画をいつでもボーッと見ることができるのは有り難かったです。

今年もどうぞよろしくお願いします。



[PR]

by redsunflower | 2016-01-08 15:24 | Trackback | Comments(2)

秋来ぬと目にはさやかに見えねども

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」

と昔の人は歌を詠みました。

本日も37度近い気温になるそうで、風も相変わらず熱風ですが、朝から大合唱している蝉の声の中に、ツクツクボウシの鳴き声?がありました。やはり季節は動いているのかも。

朝から思い立って新しい論文に取り掛かることにしました。データは昨年収集した物。某研究費最終年なので、報告にとりいれるべきものがもう少し欲しいことに気づいたのです。

研究ノートなので枚数はそれほど多くはありません。今週中に草稿を作って来週の里帰りに持って帰って推敲、と計画を立てています。



[PR]

by redsunflower | 2015-08-04 08:51 | Trackback | Comments(0)

「人生は楽しんだ者が勝ちだ 私の履歴書」米沢富美子 日本経済新聞出版社

とりあえず論文を英語校正に出した。今回は語数も多いので費用も高くつく。referencesを自分でしっかり確認することにして、語数を減らして節約した。投稿前に2回チェックを受ける予定である。一年間校正受け放題というサービスがあるので、少々高くても経費と考えよう。

さて、一息ついたところでここのところあまり時間がとれなかった本の紹介をしたい。

作者は以前にも私のブログで幾度か紹介した物理学者。日本物理学会会長に女性で初めて選出された方だ。
この本は彼女の生い立ちを紹介するところから始まる。戦争で幼くして父を亡くされ、女ばかりの家族となりかなり苦労されたようだ。

しかし、私が痛感したのは、

天才はうまれついて天才なのだ。世の中にはそういう人もいるんだ、という点。
まだ小学校に上がる前に、母親から説明してもらった幾何を即理解したとか、
九九が覚えられない同級生に、覚え方を伝授したとか、
中・高での秀才ぶりとか、

すごい人は子供の時からすごいんだと納得してしまった。

ただ、彼女は単に才能だけで生きてきた人ではない。子育てしながら、学者としてキャリアを積むためには努力を惜しまなかった。証券会社に勤める夫と切磋琢磨して、すばらしい業績を上げてこられた。また、幾度の命に係わる手術を受けながらも、奇跡的ともいえる回復をされ、時には医師をも驚かせた。

最愛の夫を亡くされてからは、「論文を一本も執筆できない」状態があったらしいが、それを乗り越えられ、さらに人生を進んでおられる姿は圧巻である。分野は全く異なるけど、素晴らしい女性研究者の存在は、大きな励みになる。

[PR]

by redsunflower | 2015-05-20 11:41 | Trackback | Comments(2)

落ち着かない

落ち着かない。

プライベートでも仕事でも。

仕事はなるべく自分でできることは前倒しで進めている。厄介なのは、人が絡んでくること。


詳細はここでは言えないが、非常勤講師との折衝も我々の仕事の一つ。カルチャーが違うのか、大学のわきが甘いのかよくわからないけど、まるで「千と千尋の神隠し」にでてくる巨大なスポイルされた子供のように思える。

切れるのを堪えて、超丁寧なメールを書いている自分が馬鹿らしくなる。こういうときは魔法の呪文「これもお給料のうち」と唱える。

プライベートを考えたら、仕事なんて「たかが」と言わざる得ないけど。

プライベート、こちらは悩むことたくさんある。でも、この問題こそ真摯に向き合っていかないといけない。

どのように看取るとか、もっと現実的にどこでどうやってその時まで親に過ごしてもらうとか、自分は仕事をしながらどのように看護していくとか。

仕事のつまらぬやり取りが、風の前の塵に等しく見えてくる。



[PR]

by redsunflower | 2015-02-26 17:49 | Trackback | Comments(0)

雨の日と月曜日は

Rainy days and Mondays カーペンターズのヒット曲ですが、正確には「雨の日で(しかも)月曜日は」ではないかと思います。

まさしく今日がそう。

また、雨合羽を着て完全武装で駅まで自転車です。行ってきます。

[PR]

by redsunflower | 2015-01-19 08:29 | Trackback | Comments(0)

そして、今日もバナナケーキを焼く

今日は作業デー。仕事の合間にお歳暮も送った。わざわざ買いに行かなくていいので、助かります。
ついでに、備品の調達や出張書類なども行いました。

そして、今日もバナナケーキを焼く。相変わらずいい香りで癒されます。
やっぱりバターが手に入りにくくなってきている。12月だし、ケーキを焼く人が増える時期なので、余計かな。
バターを使わずオリーブオイルで焼いたらどうなるのだろう。どうしてもバターが切れたら試してみよう。
(パンはすでにオリーブオイルで焼いています。)

今日は早めに店じまいします。ごきげんよう。

[PR]

by redsunflower | 2014-12-02 17:27 | Trackback | Comments(0)

8月残り1週間

8月もあと1週間。今週は学会で3日抜ける。ということは、実質4日だわ。またペースをあげなきゃね。
今日は学会発表の仕上げ、と新しくスタートさせる講義の準備すすめます。

[PR]

by redsunflower | 2014-08-25 08:48 | Trackback | Comments(0)