作成中

早いもので、もう期末試験作成の時期です。最近は、早めに大学に提出しないといけないので大変です。

朝から問題作成に格闘中。

私のテストの方針は、「テストという機会を通して、みっちり復習させること」

だから、テスト問題の項目を事前予告し、どこをどのように勉強すればみっちりポイントがとれるかはっきりするようにしています。

英語の場合は、クラスの中でももともと実力差があるので、必ず勉強すれば点が取れる問題(たとえば、単語など)も入れます。

さらに、実力のある学生にも退屈させないようなレベルの少し高い問題も入れます。

また、毎回クイズを行っていますが、それをもう一度復習するとポイントがとれるような問題も忍び込ませておきます(笑)。

こんな感じで、予告しておくと、最後まで授業に来ていた学生だと、結構がんばって勉強してくるんですよね。

とにかく、語学は、繰り返し、と復習。につきますものね。

あと少し、作成がんばります。
[PR]

by redsunflower | 2008-12-16 15:02 | 教育 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/9916282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三ねんせい at 2008-12-16 20:46 x
お疲れさまです.確実に点の取れる問題もややレベルの高い問題も入れるのは私もやりましたけれど,苦労するものです.尤も私は数学ですが.試験のためでも勉強してきてくれるとうれしいものです.
Commented by redsunflower at 2008-12-23 17:01
三ねんせいさん。いい試験というのは、本当に難しいです。でも、授業末の試験というのは、もう一度内容を復習させることを目標にしています。ただ、まだまだ英語教員の間でも試験に対する認識は旧態以前のようで、差をつけることを目的としていたり、何にも考えられてなかったり、、、、課題は大きいと思ってます。