大学で update

新しいPCにメール設定をしようと思ったら、

パスワードやらIDやら一式旧自宅においてきたことが判明。。。

(まさか、2年半でPCを買い替えるとは思ってなかったので、引越しの時おいてきたみたい)

というわけで、

現在自宅用のメールは使えません。

週末に家に戻り、資料を持ってきますので、自宅あてにメールをお送り下さる場合は、しばしお待ちください。


さて、本題。

世間では、100年に一度の金融危機とか言われていますね。アメリカ政府もrecessionという言葉を正式に使い始めました。

確かに、暗い、厳しいニュースで、大学生の就職活動にも逆風となっています。



この話を機会があるごとに、1年生にも2年生にもするのですが、

「なんとなく、厳しいな」という意識が、学生たちの間にも出てきました。

私の授業やゼミのモットーは、

「授業の課題を通して、社会に出ていくための必要な基本力を身につける」ということで、日頃から何度も学生に言っていたのですが、やはり売り手市場のときは、あまり真摯に受け止める学生はいませんでした。

だって、生まれた時から、豊かなモノに囲まれて、大学入試もさほど難なく通ってきた学生達。アルバイトでは圧倒的な、売り手市場で、小金には不自由してない。そうなると、

「何とかなるでしょ~」

と考えるな、というほうが無理がありました。


でも、


「自分は、もしかして就職できないかもしれない」という問題を身近にとらえることによって、

初めて、

「このままではいけない。何かしなくては。。。」

と思い始めたようです。

私自身、4年生卒女子就職ほぼ見込みなし、という時代に

正社員の道を求めて民間企業になんとか入ったという経験があるだけに、


学生君たちには頑張ってほしいものです。


君たち、みっちりしごくぜ。

厳しさのない所に、花は咲かないんだからね。

[PR]

by redsunflower | 2008-12-09 13:20 | 教育 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/9861635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。