異文化?論

先日の初夏の暑さから、いきなり10度近く気温が下がり、またまた冬服を取り出して着込んでいる私です。

でも、実は先日のアメリカで熱を出してダウンしちゃったのです。(もちろん、アポのあと)
海外でドクターにかかるということは、保険のややこしい手続きをクリアすることから始まり、それはそれで大変だったのですが、数日ホテルで完璧静養し(シーツ交換やら掃除とか毎日していただけるのはありがたかった)、

アメリカ製の抗生物質やら薬をしっかり服用したら、すっかり体力が回復しました。1月の引越し以来続いていた耳鳴りも体調の不安定さも

Gone with the cold!

思いもかけないGWの副産物でした。

さてと、研究ネタ。

共同研究者から、論文書いたから、コメントほしい、とメールとともに論文が届いた。(研究者はアメリカ人)

でも、その論文が。。。

私のカンカクでは、どうみても未完成の、とても人に「コメント」を求めるレベルのものでなかった。もし、学生がこのレベルの論文を持ってきたら

「不可でよければ、そのまま置いて帰りなさい」
「通りたければ、ちゃんと書き上げたものを持ってきなさい」

というでしょうね。

その研究者はドクターも持っているし、優秀な研究者だとは思うけど、こういうとき、しみじみ異文化の壁を感じます。何を求めているのか、どこまで(正直に)コメントすればいいのかわかりかねます。

きっと、「コメント」に対する考えが違うのでしょうね。バラバラの原材料に近い、青写真の時点の論文でも、コメントを求めるなんて、少なくとも私の辞書にはありえないこと。アドバイザーなら別でしょうが。。。

仕方がないので、2,3の論点例をsuggestして、返答しておきました。

それで、よかったのかしら????
[PR]

by redsunflower | 2008-05-13 10:20 | 研究 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/8074804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Makkurikuri at 2008-05-14 19:25
どういうレベルの原稿か分かりませんが、自分でも未完成を承知で共同研究者にコメントを求めることはあります。
細かいところは後で直すとして、話の大筋について賛同してもらえるか、了解を取っておきたい場合などです。
時間をかけて完成形に近づけたのに、「根本的にここのところが問題」と言われちゃあ、時間の無駄になりますから。
Commented by redsunflower at 2008-05-14 20:37
う~ん、Makkurikuriさんの言われるようなレベルの論文ではないことは確かです。どちらかというとレポートに近いかな。だから、余計に???でした。