コピーライト

去年一年間、取り組んできた本が脱稿し、いよいよ出版準備に入っております。

最後の仕上げは、コピーライトの許可をとること。

教育本なので、写真やいろいろで、あちこちから掲載の許可をいただかなくてはなりません。

私の担当章でも、該当部分があり(いやあ、執筆時からなるべくややこしそうな交渉になりそうな題材は使わないようにしてきたのですが)あちこちとコンタクトをとってます。

最後の交渉相手は、国連機関。。。なにしろ、public organizationだから教育本への引用はラクかな、と思っていたのですが、手続きがいろいろあり、順序を踏まえるのが大変でした。

でも、最終的にはOKが来て、ホッとしています(^o^)/。

Dの時は、アメリカの出版会社と交渉するのに1年弱かかりました。なにしろ、M&Aでcopyright holder(アメリカでは、通常出版社)がコロコロ変わってしまって、担当者にたどりつくのが大変でした。

最後は、New Yorkのいかにもlawyerと言う感じの担当者と法的書類をかわしたのを覚えてます。

その経験からすれば、今回の交渉も「そんなモンでしょ」という感じです。いや~、なんでも経験しておくものですね(笑)
[PR]

by redsunflower | 2008-02-16 10:17 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/7486453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。