150km

えーっと、次々に起こる出来事に対処しているうちに、今年も10日を残すあまりとなってしまいました。

結局、同居人の転勤に伴い、

ふたりで2つの職場の中間地点にマンションを借りることにしました。

二人の職場の距離は150キロ離れています。新幹線など走っていない路線ですから、私の通勤時間はさらにアップして、2時間半~3時間。でも、特急が止まる駅を選び、なるべく負担がかからないようにしていこうと思います。

単身赴任の可能性も考えましたが、二人家族のウチ場合、分かれてすむと、両方とも単身赴任になっちゃいます。これが、海外やはるか職場への転勤なら、やむをえないかもしれませんが、工夫すれば、何とかなる!と判断しました。。。できるところまで、やってみます。

自宅は、そのまま残します。田舎の家なので、置いている家具などもサイズも大きく、とても都市のマンションにはいるサイズでは、ありません。。。仕方ないので、セキュリティーと契約しよう(最近は、安心もお金を払って得る時代ですからね)と思ってます。

転勤の話を聞いたときは、さすがに落ち込みましたが、今では、前向きに考えています。
カタカナの名前のつくマンションに住むのも初めて♪ 違う土地で暮らすのも20年ぶり。
新しい家具を買い揃えていくのも、ちょっと新婚気分かもって(笑)。

心残りは、リフォームしたばっかりのキッチンと離れること。結構気合入れて工事してもらったので、残念だけど、仕方ないかな。たまに帰宅した時に、腕をふるうことにしよう。
[PR]

by redsunflower | 2007-12-19 18:54 | プライベート | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/7094169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chinos at 2007-12-19 21:38 x
素敵な決断です1やっぱり一緒が一番ですよ!
今のご自宅は、さしずめ週末別荘ですね!
気分転換になりますよ、きっと!

でも、通勤が大変!
ある研究(かなり前のものですが)によると、通勤による心身の自覚的疲労度は片道通勤時間が1時間半というところで、一線が引かれる、との事。
つまり、この時間を境に「心身の自覚的疲労度」がグンと高くなるそうです。
私も2時間と少しかかるのですが、最近はマイカー出勤に移行しつつあります(それでも、1時間半)。

心身の健康管理が課題になりそうですが、疲れて帰宅して、話し相手もなく独り・・・の方が心身に悪影響がありそうですものね。
その決断に拍手を送ります(笑)!
Commented by redsunflower at 2007-12-21 11:30 x
ありがとうございます。比較的自由のきく職種で感謝です〔笑)来年こそは、長~い通勤時間をもっと有効に「動く書斎」として使えるようにしなくては、と思ってます。