締め切り終える!

月末の本出版原稿の締め切りを終え、束の間のやすらぎを感じているredsunflowerです。。。

今日は湿度も少なく、ちょっとだけ大好きなハワイを思い出します。

さて、このブログを読んで下さっている方からリクエストがありましたので、その話題を。。

その1「授業中寝る学生をどうするか」

どういう学生を対象にするかによって考え方とアプローチが異なりますが、私がこの4月から教えている大学の学生君たちはとっても正直。興味なかったり、つまらなかったりすればすぐかばさんのような大あくび(オイ、虫歯までみえるよー!)でうつむいちゃいます。気力で起きなきゃ、とか少なくとも眠らないように必死で頑張るとか、とかいうのは彼らの辞書にないようです。。。

だから、

眠くても眠らせないぞ、ホトトギス

と、授業をあの手、この手で、いろいろなアクティビティを次々展開し、眠る余地をなくします。
テキストはパワーポイントで写し、(大学の授業で使用する範囲内では、購入したテキストをデジタル化するのは、著作権もたしか問題なかったと思います)、うつむかせません。

時々、わざとワードを打ち間違え、

「せんせい、ちがうよ」

と声が来たら

大げさに

THANK YOU!

とリアクションしたり。

机間巡視をまめにし、声かけし、眠そうな学生には

どんどん声をかける。

それと、授業初日にシラバスで、

「授業参加得点」を成績評価に組み入れることを明示し、テキスト忘れ、居眠りは減点すると
脅かしてます、いや外因的動機付けを高めています。これを怠ると、やっぱりてきめんにだれますね。


それでも夜型なんでしょうか、ひたすら寝ている学生には

個別に

「私の授業嫌い?興味ない?それとも私が嫌い?でも、授業に来ているところをみると単位はほしいんだと思うけど。」とストレートに聞きます。「みんなもがんばって眠いけど起きてるのかもしれないし、○○くんだけ特別扱いできないよー。授業参加得点あげられないよ」とか。

(あくまで、やさしく淡々とね)

おそらく、本当に

こんな授業、やってやれない!と思う学生は大学では来なくなると思うのです。

授業に来てるけど、寝るとか反抗的な態度をとるというのは、何かきっかけがあれば、改善される可能性は高いと思います。

それでも、授業は毎回生き物。

うまくいったと思う時もあれば、準備してたけど、みんなに寝られてがっくりきたことも。

でも、プロである以上、あきらめないで毎回チャンレンジしてます。
[PR]

by redsunflower | 2007-07-31 11:57 | 教育 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/6016264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuri at 2007-07-31 19:03 x
おひさしぶりです~♪
がんばってらっしゃいますね!
わたしがいちばんうーん、と思うのは授業中トイレに行く子が何人か必ずいる、ということなんですが、
redflowerさんとこはどうですか?どう対処してます?