息抜きタイム

「どんなに忙しくても、一日のうち、人のために何かする時間と、自分が力を抜ける時間をつくる大切さ」

を、説いていたのは、今は亡きジャーナリストの千葉敦子さんのご本でしたっけ。

私鉄と地下鉄を利用して大学に通勤すること毎日往復4時間。

で、今の私がほっとできるのは、仕事帰りの特急の中です。体力温存のため、特急を帰りは利用してます。座席指定が魅力だけど、座るとほっとします。お気に入りのアミノ酸ドリンクを買って、車内で飲むのはたまりません。>o<

周りのおじさんたちは、ビールをシュパッとあけてらしゃる。あられとか、するめつき。

気持ち、わかりますわ。私も飲めたら、そうするかも。

仕事場の緊張をほぐす、ちょっとした空間です。

人のために何かする時間かあ。。。こちらはまだ余裕ないなあ。
[PR]

by redsunflower | 2007-04-23 22:12 | 仕事 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/5215990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ありす at 2007-04-24 22:03 x
よ、よ、4時間・・・。毎日、それは大変ですね。
しかし、考え方(使い方)によっては、休息の時間にもなるのですね。
GWまで、あと一息ですね。 お互い、頑張りましょう!
GWも仕事・・・。同じです・・・。
Commented by Penguin at 2007-04-25 05:03 x
私は中高大と10年間、片道1.5時間通学の生活でした。電車では、昼ね、おやつ(お行儀悪いけど・・・)、おしゃべり、読書、いろいろしながらすごしたものです。特急はない路線ですが、始発駅なのでひとつあとの電車を待って座って帰ったりしましたね。

アメリカではこういうときだけ「日本はいいなぁ、GWっていうのがあるんでしょ」と日系企業のオフィスで話題になっております。
Commented by takuroshinano at 2007-04-25 05:32
高校のときは朝2時間半、帰り2時間の通学でした。札幌に住んで、今は自転車で往復50分弱で通えます。それだけでも東京にはもう帰れません。。。
通勤時間を有効に活用するとかの技術はすごいと思います。とにかく辛かったです。デル単はやっていたけど。
Commented by piaopeng at 2007-04-26 06:05 x
私は通勤通学で1時間以上かかったことはありません。
・・・今の大学は京都ですが、新幹線使って2時間で学校まで行けますから、たいしたことはないでしょう。
新幹線の中では本を読んでいるのがほとんどです。
むしろ、新幹線も特急もない路線にお住まいの同学のほうが私より時間がかかっていたりもするので、恵まれているなぁ、と思っています。

ある程度通勤時間がかかると、その間に仕事モードからプライベートモードに切り替われるのはいいですね。
学校はこういう感じですが、職場は車で10分なので仕事がうまくいかなかったときはそれも家まで持ち帰ってしまうのだけが難点です。
Commented by redsunflower at 2007-04-27 17:11 x
>ありすさま 疲労がだんだん蓄積し、帰りの電車は、格好のsleepingタイムになっているこの頃です。いつか寝過ごさないか冷や汗ものです。

>Penguin さま。GW中にも「持ち帰り or 出勤」仕事している人も多いと是非アメリカでもおつたえくださいまし。

> takuroshinanoさま。2.5時間ですかあ。若さゆえにこなせる時間でしょうか。私は小。中と5分とかからない通学でしたので、そのツケが今にきてるのかも(笑)

>piaopengさま。新幹線通学ですか。。。時間もさることながら、お財布にも負担が大きいだろうとお察しします。