耳鼻科へいく

耳鼻科へ行って来た。

受付開始後そんなに時間が経ってないのに、すごい人。

「あ、そうか、今花粉症真っ盛りなんだ」と気付く。

うちの同居人も花粉症で、ここ数日間は夜中もあまり眠れないみたいだ。

私が病院へ行ったのは、

1月くらいから首に「ぐりぐり」したものができていて、あんまり良くならないので、診てもらおうと思ったのだ。もともと、風邪ひきやすく、のどもはれやすい私、リンパ腺もよく腫れる。でも、今回は他に熱とかなんともなく、はっきりしたしこりがあり、ちょっと気になったのだ。

ネットで、「首のしこり」と検索すると、耳鼻科へ行きなさい、とあったので、耳鼻科へ行く。こういうとき本当に最近は便利になったと思う。

悪性かどうか調べるために、エコーを受ける。初診当日に検査してもらえるのは助かるな。それで、再び診察室へ。

でもね、そのしばらくの間にいろいろ考えてしまいました。

「もしも、、、」とか。「仕事どうしようとか」「親にどう話そうとか」。。。

ながーーい十数分間でした。

名前を呼ばれて「覚悟!を決めて」入ると、

「大丈夫。心配いりませんよ。」とドクターにやさしく言われてほっとする。

途端に、止まっていた世界が動き出した感じだ。

それにしても、ドクター(ナースも)は大変なお仕事だ、と思う。

今日はたぶん患者さんの数は100人近いと思う。それをふたりのドクターで休みなしで診られて。私のように検査を受けたものは問診と結果と2回診るわけだから、余計大変だ。私は、病院では働けそうにもないな。昔、学生のペーパー指導で10分のアポイントメントを30人分連続したら、ふらふらになったことを思い出しました。ドクターに畏敬の念を表したいです。
[PR]

by redsunflower | 2007-03-06 15:43 | 健康 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/4769792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。