In retrospect 1

やっと、SOHO研究室の片づけが一段落、というか、

とりあえず第一幕は終わりました。

で、ずっと書こうと思っていたこのこと、

「KOBOを振り返って」

皆様からいただいたメールから(ごめんなさい、おひとりずつ返せなくて。)この私のブログを読んでくださっている方には、Dの最中の方、あるいはDを終えてKOBO中の方もいっらしゃることがわかりました。

私も、KOBO中は、暗中模索、何か経験談があれば是非知りたいと思っていたので、私の経験が少しでもお役に立てればいいなと思います。

でも、まず、「KOBOには100人いれば100パターンがある」ということを理解しておいて下さいね。分野が違えば、慣習もちがうでしょうし、その年度によって、採用の流れも異なるようです。

私が、書くのはあくまでもたったひとつの「語学:英語」というカテゴリーの極めて狭い範囲の経験です。


自分のKOBO生活が終わることになって、しみじみ思い出したのは、やはりKOBOで英語の教員として公立大学に入られた先輩の言葉。

「KOBOに何校出したか、覚えているうちはだめよ。もう、覚えきれないくらいのKOBOにだして初めて一人前!」

「ある時、ほんとに『うそ!』って、思うくらい突然に決まるから。めげないで出し続けなさい」

「年齢制限?確かにあるけど、多少制限をオーバーしてても、より好みしているほど、求人はないんだから、とにかく、出しなさい」

すべて、ほんとだ、と思いました。

KOBO情報の中には、すでに内定者がいるのに、出しているものもありますが、それを事前に知る由はありません。やっぱり、出し続けることしかないんでしょうね。ただ、たくさん出し続けると、いろいろ準備するうちに、振り返ることもできるのですよね。特に、「採用後の教育の展望」とか「研究と教育について」とか、エッセイをKOBOで求められることが多かったのですが、書くプロセスによって、自分の考えがどんどん論理的に説明できるようになりました。だから、私の場合、最終選考で教育に対する姿勢を問われた時、本当に自分の思っているとおりに伝えることができました。(最初のころの作文は、今思えば稚拙だったかな^^;)

「希望は、追い続ければかなう」、というのは100%真実ではないでしょう。
自分ではどうしようもないことも世の中にはたくさんあるから。

ただ、この言葉の持つ真実は、
「希望はあきらめると、絶対かなわない」

ということだと思います。

具体的に、KOBOに向けてとった私のstrategyはまた、後日に。
[PR]

by redsunflower | 2007-02-28 18:19 | 公募 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/4714388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Makkurikuri at 2007-03-01 00:06
>書くプロセスによって、自分の考えがどんどん論理的に説明できるようになりました。
そのとおりだと思います。自分はまだ採用されてませんが・・・・
いろんな意味で、トレーニングにはなりますね。
Commented by sachi at 2007-03-01 08:31 x
語学系で研究室を持つのは本当に難しいと伺っております。
あらためておめでとうございます♪

「すでに内定者がいるのに、出しているものもありますが、それを事前に知る由はありません」

某ポストに内定が決まっていたのに、面接で教育についてちゃんと答えることができず、失敗に終わったケースも存じております。
「内定者がいるかも」とかごちゃごちゃかんがえず、出すこと!が重要ですよね
( ̄― ̄)(―_―)( ̄― ̄)(―_―)ウンウン
Commented by redsunflower at 2007-03-01 09:25
Makkurikuriさま、sachiさま、コメントありがとうございます。

「人生に無駄なことはなにひとつない」と改めて感じます。
Commented by harmonia_mundi at 2007-03-18 13:14
はじめまして。
研究者の方のブログを探しているうちに、こちらへたどり着きました。
私は博士課程後期に在籍していて、公募を続けている者です。
ここでのお話、とてもこころに響きまして、コメントを書かせて
いただきました。何枚も不採用通知が届いていて、凹んでいたのですが、
記事を拝見して、まだまだ負けちゃいけないなと励まされました。
この春から、専任教員とのこと、おめでとうございます。
また、いろいろなお話を伺えるのを楽しみにしています。
最後に、リンクをいただいていきます。よろしくお願いします。
Commented by redsunflower at 2007-03-20 08:13
harmonia-mundiさん。コメントありがとうございます。私は、KOBOはドクターをとってからはじめたのですが、落選通知が続くと精神的に厳しいですよね。精神修行の連続でした(笑)。博士論文とKOBO,大変でしょうが、がんばってくださいね。また、いつでも遊びにいらしてください。