ReaDと格闘

ReaDとは
”研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)は産学官連携、研究成果の活用、および研究開発の促進に資することを目的として、国内の大学・公的研究機関等に関する機関情報、研究者情報、研究課題情報、研究資源情報を網羅的に収集・提供しているサイトです。”(サイトから引用)。

研究者情報を更新するようにとのお達しがきていて、今朝は朝から格闘。

なかなかうまく更新できないと思っていたら、どうもいろんな管理コードが変更されていたので、今までのコードのままでは、エラーになったみたいだ(と、試行錯誤の上わかった)

今日は日本語入力だけでギブアップ。英語の方は後日としよう。


でも、自分の昨年の業績をこういう形でまとめると、昨年はがんばったなあ、と思う。
とにかく、書くということに貪欲になれたのは大きな収穫かも。

今年も、引き続きがんばらなくっちゃ、と思います。

***今日の韓国語

チェ イルムン レッドサンフラワー ラゴ ハムニダ。
(私の名前はレッドサンフラワーです)
[PR]

by redsunflower | 2007-02-09 09:25 | 研究 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/4557848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゴロー at 2007-02-09 09:31 x
毎年更新していますが、このサイトはどのように利用されているのでしょうか。学会でも話題になったこともありませんし。文科省の自己満足か、無駄遣いではないかと疑っております。でも、更新しないわけにはいきません。
Commented by Makkurikuri at 2007-02-09 11:12
思い出してReaDのページを見てみたら、先月中に更新催促のメールが来てたはずなんですね。
ウチには届いていないので、所属機関のデータベースから一括して登録されてるようです。
Commented by redsunflower at 2007-02-10 15:54 x
ReaDのデータによると、登録研究者数は20万人近くいらっしゃるようですね。私は時々連絡をとりたい専門が異なる先生のメールアドレスを調べたりするのに使っています。