サンプル

初めて携わる本出版。

えらーい先生とご一緒なので、

本作りをゼロから体験させていただけるいい機会だ。

私のDのアドバイザーはアメリカ人で、いい意味でも悪い意味でも個人主義。
もちろん、相談にはのってもらうこともあるが、

基本的には修了したら、「対等の研究者」と考えておられる人。

だから、修了してからは、すべて独力で学ぶ場を設けていかなくてはならない。

学閥の力がまだまだ大きい日本の研究社会ではハンディだけど、

それを言い訳にはできません。

「ないのなら、つくってみせようホトトギス」、いや
つくるしかないホトトギス…かな。

論文を投稿したり、学会研究会に足を運ぶことで、少しずつ知己の先生方が増えてきました。

それと、運というか偶然もあるかな。

今回の本の件も、たまたま昨年講演会にスピーカーとしてお呼びがかかり、それがきっかけになったわけですし。



今日は、何とか、サンプルを作ってほっとしております。ためしに印刷してみると、それらしく見えるから不思議。あ、でも内容はきっとこれからだめだしが続くと覚悟しています。

でもこうやって、カタツムリのように、前に進むだけです。
[PR]

by redsunflower | 2007-01-18 18:03 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/4373133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。