週末セミナーへ行く

この週末2日間は泊まりでセミナーに参加する.
前は繁華街に近い丸いホテルに泊まっていまいちだったけど,今回は静かな落ち着いたホテルで◎でした.

今回のトピックは自分の研究トピックにとても近い統計手法を中心としたセミナー.

教授はこの統計の大家だ.

私にとってははじめてのオーストラリア人からの英語による講義.(NZの先生からは過去に授業をうけたことはあるけど)オーストラリア独特のエイをアイと発音する英語を頭の中で翻訳しながら受けました.

オーストラリアといえば,思いつくのが

クロコダイルダンディー.
今回の先生はまさに

クロコダイルダンディーを地でいくような人だった.

声は大きいのは別として,

デスクに座る.
回転いすに座り,くるくる回る.
そして,
立ったまま,デスクに片足を載せる!(想像しにくいでしょうが)

私のDのアドバイザーも結構自由奔放な授業形式だったけど,上には上がいらっしゃる.

教室にいるアメリカ人も@@というほどのスタイルでした.

しかし,講義は講義.

通常1時間半ごとに小休憩を入れるところを3時間ぶっつづけ.
2日間で3時間×4回を英語で統計を学ぶのはさすがにつかれました.

ただ,自分と研究分野が重なるという意味で,いくら「BIG]な先生の講義だからと言って,すべてを無条件に受け入れるとというのとは異なる.

研究者のはしくれとして,研究へのアプローチの仕方が,

「それは,ちょっと..」

と思うところもあった.でも,それはこれからのfood for thought,

いろいろな研究者仲間とこれからディスカッションをして,考えを深めていこうと思います.

こういう機会は,

1.知識の吸収
2.研究テーマの拡大
3.研究全般への視野拡大

といろいろな目的があるだろうけど,

今回は,1と3を中心によい機会をもてたと思います.
[PR]

by redsunflower | 2006-11-27 08:17 | 研究 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/3907758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まるがり てつお at 2006-11-27 23:16 x
 redsunflowerさんこんにちは。
 僕も東京でこのセミナーを受けてきました。ちょっと用事があって、open hourだけでしたが…。open hourの内容はあまり統計にしぼらずに、言語や教育全般のことだったので、少し期待はずれでしたが。
 redsunflowerさんのおっしゃるとおり、アクセントもふるまいも、独特でとても面白かったです^^。僕は特にscaleが「スカイ」のように聞こえてしまって、最初何のことやらさっぱりわかりませんでした。
 統計の知識があまりないので、redsunflowerさんのゆに、もうもっと勉強して一回り、二回り大きくなってから、このような講義を受けたいと思います!
Commented by redsunflower at 2006-11-30 14:15
東京でも同じでしたか..いろいろなタイプの先生がいらっしゃますよね,ホントに.枠にとらわれがちな私には,毎回目から鱗の連続です(笑)