されどかまきり.

6月にかまきりの子が孵ったことを書いた.

http://sunnily.exblog.jp/m2006-06-01/#2462577



あれから,4ヶ月.

自然というのはすごいもので,もうかまきりの出産(つまり産卵)の時期だ.

しかも,

かまきりにも帰巣本能があるらしく,産まれた地点で再び産卵しようとする.
(こんなの教科書に載ってなかったし,ファーブル昆虫記にもあったかな?,って感じ)

我が家の車は週末しか使用しないので,昨年は見事にタイヤの上のボディに産卵されてしまった.
「大丈夫か?」と心配する私たちを横目に6月吉日無事に孵化.その日は車を使用せずに子供たちが静かに散らばっていくのを見守った.

数日前,身重のかまきりが再びタイヤにのぼろうとしているのを発見.さすがに2年連続は堪忍して,と夫は,手でかまきりを庭に移動させた(すごい!虫を素手でつかめるなんて,同居人に尊敬のまなざし!).無事,かまきりは,ヤロー(ハーブの一種)の枝に産卵しました.

今日は,またフェンスで産卵しているカマ子(名前までつけた)を発見.フェンスはここ数年かまきりの産卵場所となっている.産卵中のカマ子をつぶさないように,そーっとフェンスをあけ,出入りする.産卵し終わってもすぐには身動きしないカマ子.卵をかばうかのようにじっと卵の上におおいかぶさっている.本能とはいえ,母のなせる業だろうな.

たかがかまきり,されどかまきり.

自然の偉大さに敬服する.

(あ,かまきりのオスの運命にはあえて言及しません)
[PR]

by redsunflower | 2006-10-21 21:17 | プライベート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/3604319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。