at work (仕事中)

日曜日は原則仕事しない日,

だけど,今日は働いてます.

同居人さんはお買い物に行きました.

「いっしょに行こう」と誘われましたが,

「仕事あるから」と断りました.

その代わり,お小遣いをいっぱい(でもないか)渡して,


「良かったらごはんでも食べてきてね!」

これが子供だったら不良になったら困ると思うでしょうが,まあ大人だし,大目にみてもらいましょう.

仕事は,例のプロジェクトの件,

グラントを申請できようができまいが,とれようがとれまいが

「僕たちは研究し続けよう!」

という,前向きなアメリカ人同僚に励まされて,取り掛かっております.

ここが私たちの研究の強みで,予算がつかない場合も,それなりにアプローチを変えることができるのです.もちろん,費用はかかるので,資金は絶対あった方がいいけど.

今全国の研究者の方々がとりくんでおられると思う○研費,申請書を書くのは,大変だけど,自分の考えをまとめる重要なプロセスですね.特に,日本語はあいまいさを許容する言語なので,そのままでは英語で発信しにくいけど,いちど論理的な日本語でアウトプットするプロセスを経ておくと楽に英語に置き換えられます.だから,私には役に立つ過程だと思ってます.

申請書は日本語で書き,アメリカ人の先生たちとの話は英語で,そしてそのフィードバックをまた日本語につけたし,...という,まるで「卓球のピンポンだま」みたいなことの繰り返しですが,心情的には悪くないです.

明日,授業後,またプロジェクトについて打ち合わせをするのでそれまでにたたき台を作ります.

嵐の後の赤ひまわりはさらに強いのだ.
[PR]

by redsunflower | 2006-10-15 12:15 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/3558029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。