ハンガーマップ

飢えという言葉を実感を伴わない国に住むのは実は世界では限られている.


世界の飢えの状況が一目でわかるのが,「ハンガーマップ」だ.


f0066420_12133117.jpg


http://www.jawfp.org/goods/hunger.html#getmap

以下,国連WFP協会の資料から,

世界の飢餓
飢えと栄養不足は、世界第1位の死亡原因です。(データ:WHO 世界保健機関)

飢えと貧困によって、世界では毎日2万5000人の人々が亡くなっています。(データ:FAO 国連食糧農業機関)

世界には、全ての人々が食べるのに十分な食糧があります。それでも、8億人以上の人々が常にお腹をすかせています。(データ:アメリカのNGO、Bread for the World Institute)

飢えに苦しむ人のほとんどが開発途上国に住んでいます。サハラ砂漠以南のアフリカでは、3人に1人が飢えています。(データ:FAO)

飢えに苦しむ人々のうち、3億人以上が南アジアに住んでいます。これは、アメリカとオーストラリアの人口を足したよりも多い数です。(データ:Bread for the World Institute)

貧しい家庭では、収入の70%以上が食費に当てられます。アメリカの平均家庭では、10%ほどです。(データ:世界銀行)

貧しい国々における食糧不足の最大の原因は干ばつです。きちんとしたかんがい設備を整えることにより、穀物の収穫高を4倍まであげることができます。(データ:FAO)

子どもの飢餓
世界では、5秒に1人の子どもが飢えに関連する病気で命を落としています。(データ:FAO)

アフリカでの子どもの死亡率は、ヨーロッパの8倍です。栄養不足が主な原因です。(データ:医学雑誌、The Lancet)

世界では、毎年600万人の5歳以下の子どもが、栄養不足と飢えに関連する病が原因で亡くなっています。(データ:UNICEF 国連児童基金)

ビタミンAの不足により、毎年100万人の赤ちゃんが死んでいます。(データ:UNICEF)

************************************
自分に何ができるというわけでもない.

ただ,自分の抱える悩みがほんのちっぽけなものであると気付く.

食べ物が欲しいだけ食べられるって,それだけで幸せなこと.

あとは,おまけかな.

でも私は欲張りだから,もう少しいろいろあるけど,

少なくとも,

仕事でのあれこれに,

感情を乱される人生は送らない.ま,ちくっとサボテンのトゲにささったくらいかな.


明日はセミナーで神戸に行きます.

楽しみ.新しいトピックなのだ.
[PR]

by redsunflower | 2006-10-13 19:34 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/3546517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。