フィクション

「このストーリーはフクションです」

研究者のはしくれ赤ひまわりは,あるプロジェクトで仲間の研究者と研究費をとるべき準備を進めていました.

研究施設を通じてしか,その研究費の申請は認められないため,所属する研究施設にその申請をお願いに行きました.

すると,

「終身雇用者の研究者人数分しか,手続きをうけいれる体制ができてないので,赤ひまわりさんは該当しません」

と言われてしまいました.

ただ,共同研究者ではなく,協力者としてなら,研究代表者が終身雇用者である場合は赤ひまわりでも名前を連ねることができるそうです.

一瞬気を失いそうになった赤ひまわりですが,何とかその場は立ち去りました...

少しは年の功もある赤ひまわり,

「ここで沈んでなるものか」と

絶望感を何とかアドレナリンに変えるべく,いろいろ考えました.

結局,名案は浮かばなかったけど,

よき研究を続けることが,赤ひまわりの答え,だと結論に達しました.

おわり.
[PR]

by redsunflower | 2006-10-11 20:10 | 研究 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/3531769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kari at 2006-10-12 06:36 x
ヒドイ!

でもホントに「よき研究を続けること」しかありませんね。
Commented by redsunflower at 2006-10-17 19:16
>kariさん,
>Makkurikuri.
ありがとうございます.もうたいていのことでは傷つかないくらい鍛えられてますが,こと研究になると,..ね.また,資金をゲットする手段をまた考えます.でも悪いことばかりではなくて,助けてくれる友人がいたことに気付くことができてそれは感謝です.
「もー,ただでは転ばないよ!」という意気込みです.