査読とどく

今朝,査読依頼が届いていた.

うーーん,査読って,「マーフィーの法則」ではないけど,忙しくなりそうなときに届くのよね.でもeditorはいつもお世話になっている人だし,何より自分の研究分野に近い人の論文を読むのって自分が一番勉強になるのはわかっている.何とか時間をしぼりだそう.

次の学会のデータ分析をゼロからもう一度洗い出す必要が出てきて,目が(・・)状態.久々に使う統計分析手法だから,結構わすれちゃってる.ということから本棚からあれやこれや本を引っ張り出して,冷や汗かきながら進めてます.なんか夏休み最後の宿題の追い込みを思い出すなあ.

でも,なんだかんだ言ってもデータをいじっている時(捏造,という意味ではないですよ)が幸せなんです.私のように文系の「英語教育」を研究するものにとっては(ホントは,もっと細かい専門が当然あります.でも,それを言っちゃうとこの世界ではすぐばれるのでもう少しの間秘密にさせて)データを分析すると,それまで単純な数字の連続から,まるでレリーフのように,あるパターンが浮き出て見える瞬間がたまらない.この感覚,わかっていただけるでしょうか...

大変だけど,幸せを感じながら今日はデータと格闘します!
[PR]

by redsunflower | 2006-08-29 08:11 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/3194014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。