ただ今 採点中.

7月も終わりに近づいているというのに,現在期末試験採点第2弾実施中.非常勤校はとっくに終わったのだけれども,現在本務校の採点と格闘中.このあと,続いて追試,再試と続く.結局終わるのは8月半ば...だんだん厳しくなる諸条件.

その合間をぬって学会準備や論文執筆.

文句は言いません....(が,数年前はもっと楽なスケジュールだったよ,と思い出す)

でも,学生たちはほとんど頑張って,本当に頑張って勉強してきたと思う.○うちをしながら,ひおtりひとりの学生の顔を思い出しました.

大学に入るまで,系統だってお勉強したことのない子がいっぱいいるが,その子達もがんばった.試験勉強はすぐ忘れても,試験と言う目標のために,時間を管理して(やりたいことも我慢して)勉強したという経験はきっと財産になるよ!

とSOHO研究室からエールを送りたい.
[PR]

by redsunflower | 2006-07-26 18:52 | 仕事 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/2908283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 5513 at 2006-07-27 21:27 x
初めまして。sachi様のブログから入りましたアナログエンジニアです。この時期か夏休み明けが採点の時期。私も企業内学校ですが教員経験があります。×をつけるのは簡単ですがすぐ再々試験まで行ってしまう。学生の将来性も含め、「親切・丁寧」な採点したいですね。
Commented by redsunflower at 2006-07-28 21:29
こんにちは.書き込みありがとうございます.5513様のブログ拝見しました.業種も全く異なる方からコメントをいただくとブログのありがたさを実感いたします.
試験ってある意味で教員の授業に対する「成績表」みたいと感じます.点数が悪いと自分の教え方に対する宿題を突きつけられるよう...ですね.毎年どきどきする時期です.
Commented by 5513 at 2006-09-01 18:52 x
このコメントの存在を検索で知りました。「学校」なら点数化できるが、ふーむ、企業内でどのような評価をするかで将来の学生の進路に反映されているような気がします。
アナログエンジニアの枯渇を嘆く前に、そのかっての処遇を考えて見るべきだ。