マイ・ウエイ

某国立大学で教えておられる先生のブログを拝見していたら、ゼミ室で学生と楽しげに勉強(プラス色々)している様子の写真がアップされていた。そういえば、私自身こじんまりした地方の国立大出身で、似たような感じで授業なりゼミなりを受けていたことを思い出した。アットホーム的な感じながら、専門の論文を日本語ではあるが読んでいた、、、懐かしい。

しかし、現勤務校は私立大学で、ゼミの抱える人数も違う。また、学部の性格上自分の研究分野でゼミはできない。4回生には就活と卒論指導、3回生には就職活動準備指導、2回生と1回生には、、、、とまずは実務教育が中心だ。SPIもエントリーシートも、日本語の書き方も私は指導している。大学はそのような場ではない、と言い切るのは簡単だけど、昔なら大学生が当然身につけていたであろう力が足りない学生にはまずはその力をつけなくては実は結ばない。教育経済学の論文で高等教育よりも低年齢層の教育に投資すべしとあったがそれは、早い時期に身につけた力はキャリーオーバーされて次の段階で実を結ぶのに生かされる、ということなのだ。

新しくゼミ生になった2回生に尋ねているが、「これまで人生で厳しい先生に習ったことのある人は?」という質問に対して、最近YESと答える学生の数が減少している。その結果、課題提出しなくてもOK,とりあえず何か書いておけばOK,最後は先生が何とかしてくれる、と誤った認識のまま大学に来る学生も増えてきた。それをただし、一人前の社会人になれるように導くのも教員の仕事の内と考えている。

と話がずれたが、友人のブログを見て一瞬「うらやましいな」と思ったのも事実であるが、私は私。マイウエイ、私のできることをしていこう。

今週はなぜかわからないが、すべてのクラスが素晴らしくうまく進んだ。学生の成長もうかがえる出来事もあった。
滅多にないバラ色の一週間だったので、改めて私も自分の道を記しておきたい。

[PR]

by redsunflower | 2017-12-02 12:06 | 教育 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/28790637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by princessc at 2017-12-02 15:28 x
いちいち共感しながら拝読しました。私も私立大でゼミとはいえ規模が大きく、自分の専門をゼミでそのまま教えるわけにいかないので、学部生用にいろいろ教材を考え中(自分の専門外とはいいませんが、学生向けに大きくアレンジし直し)。もちろん、授業中に「メールの書き方」も組み込みました(エントリーシートもさることながら、メールも仰天の日本語。日本で生まれ育って、このレベルは厳しいという学生が多い)。明治時代の大学ならば選ばれし人のみが行きましたが、21世紀の現状にあわせ、学生のニーズにあわせて、大学で出来ることをキチンと身につけてもらう、そのために、出来ることは(それが、メールの書き方やエントリーシートの書き方であってもーーーそれだけではないのですが)したいと思います。
Commented by redsunflower at 2017-12-03 11:54
> princesscさん
ありがとうございます。
おそらくこういう思いで仕事されておられる大学教員は半数近くおられるのではないでしょうか。共感していただいてとてもうれしいです。
Commented by Junko at 2017-12-06 18:09 x
redsunflower 先生
 いつも私のブログにご訪問くださり、ありがとうございます。
redsunflower 先生のブログを読むと、いつもピシっとさせられます。特に学生指導については、同感すること・うなづくことばかりです。私も最近は、日本語の書き方指導が、最も時間をとられる、というか、苦労させられることだと実感しています。
 そんな中で、少人数の、研究室での授業というのは、一服の「オアシス」みたいなもんですが、国立とはいえ、そういう授業も、なかなか難しくなってきました。
 と、そんなことを言いながら、あんな写真を載せていては、「あぁ、だから、国立は気楽でいいんだから!」と、あらぬ方面から、あらぬ疑いをかけられてしまいそうですね (^_^;) まぁ、自分の好きな授業をさせてもらえていることは幸せだと、ありがたくは思っておりますが・・・。
 年末の忙しさに加えて、寒波到来で、体調の崩れやすい時期になってきましたが、Redsunflower 先生も、どうかお体ご自愛くださいね。
 それでは、またブログで(^.^)/

Commented by redsunflower at 2017-12-08 17:49
Junko先生、ありがとうございます。国立は国立なりのご苦労があるのは拝察いたします。業績とか、K費とか、、研究者として求められることは私立よりずっと厳しいだろうなと。。。ゼミは、本当に羨ましいと感じたので、こちらで書かせていただきました。人数が多いとどうしても「大人対大人」という会話ではなく、教師としての会話(説教?)が中心になってしまうので。Junko先生の学生さんはそのゼミのありがたみが、社会に出てからひしひし感じられるでしょうね。絶対!