がんで死ぬということ。

家族が末期がんになった時、一番欲しかったのは情報でした。がんは原発か転移した箇所によって出てくる症状も違うそうですが、共通しているのは「やせ(悪液質、というそうです)」です。また、誤嚥性肺炎のリスクも格段と上がります。父が入っていたのはホスピスでしたが、それでも家族が本当に知りたい情報が自動的に十分に知らされたかというと疑問が残ります。患者の家族も、しっかり勉強してその疑問を医療者に尋ねていくということがやはり必要だと思いました。

また、末期がんでは、死ぬ1か月ぐらい前から、ガタガタと目まぐるしく症状が悪化すると聞いていましたが、本当にその通りでした。ただ、その1か月前が、いつ来るのかは予想しづらいのが現実です。いったん症状が悪くなってもステロイドを服用することで一時的に症状が落ち着くこともありますが、それも2週間から3か月程度しか続きません。ただ、その効かなくなる日がいつ来るのか、わからないのが家族としては本当につらかったです。

すこしずつ思い出して、私が情報を得たサイトなどを紹介していきます。もし、何らかの縁でこちらを訪ねてこられた方に、少しでもお役にたてればと思います。


「がんで死ぬこと」。おそらく緩和ケア医によるサイト。がんのなくなる過程が書かれています。
http://palliative.web.fc2.com/index.html

「これからの過ごし方について」いよいよ看取りの時期が近づいたとき、見守るものはどのようにすればいいのか、易しく書かれています。私はこれを印刷して母の家にそっと置いておきました。母もそっと読んで心構えをしていたようです。
http://gankanwa.umin.jp/pdf/mitori02.pdf

亡くなる直前の兆候
http://www.geocities.jp/yccfh851/newpage22..html
(英語版)
http://www.webmd.com/palliative-care/journeys-end-active-dying






[PR]

by redsunflower | 2016-07-06 12:53 | プライベート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/25416023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。