現代版 織り姫と彦星

病室に母を連れて来ました。母も後期高齢者で持病を抱えているので体調をみながら病院に来ることができるのは週に1、2回です。病室では二人で何を話すというわけではありませんが、母が来ると病室の空気が変わります。結婚50数年の夫婦のなせるわざでしょうか。

ここのところ父につきっぱなしで 母のことは後回しになってしまっていたのですが、今日は病室でおしゃべりしながら母に足裏マッサージをしました。父はそれを眠りながら時々目を開け聞いていたようです。

ある日曜の午後でした。



[PR]

by redsunflower | 2016-01-10 15:54 | 介護 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/24851553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。