学会から戻る~海と桜島と

3泊4日の学会から戻りました。
今回は自身の発表が早くに組まれていたので、発表後は気楽に他の発表を見て回りました。朝はいつもより早起きして朝一の発表からあちこち見て回り、合間にはいろいろな教育ソフトやテスト、テキストをブースでチェックをしたりして精力的に動きまわること3日間。毎日一万歩は歩きました。また、合間には他大学の先生方とも情報交換ができ有意義に過ごしました。さすがに昨日は「みずほ」の中で疲労がどっと出てしまいましたが、一晩ゆっくり眠ったら回復して机に向かっています。
(*九州新幹線のさくらは東海道新幹線のひかり、みずほはのぞみに相当することも知りました。車両は同じで停車駅数とお値段が違うのですね)

ずっと雨だったのですが、桜島も今は少し静かで、学会事務局から「マスク持参」と注意喚起がされていましたが、全く使うことはありませんでした。

鹿児島市内は、市電がまだ走っていて、移動も便利でした。30年ほど前に何度か鹿児島には行ったことがあったのですが、現在は観光に力を入れているのがよくわかりました。それにしても活火山の桜島とずっとともに生き、異国と海をはさんで対峙してきた薩摩が、薩英戦争後に明治維新の中心勢力になったのはわかるような気がします。自然や風土は人の気質や考えに強く影響するのでしょうね。

出会った鹿児島の方々は、市電の運転手さんや駅の売店のお姉さんまで穏やかでやわらかな人柄の人が多いと感じました。せっかち文化で育った私には新鮮でした。
残念ながら温泉まで足を延ばせなかったのですが、プライベートでまた是非行ってみたいと思います。

[PR]

by redsunflower | 2015-09-01 12:48 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/24424140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。