学者も医者も芸者も役者も...


”江口吾朗 (発生生物学者、元熊本大学学長)

「世に“者”の付く職業が三種ある。
医者と学者と芸者だ。

この三者は、お座敷が掛からねば一人前ではありません。
お座敷が掛かったら、たとえ悪条件でも出向き、必ず新しい仕事を手掛けなさい」 ”



http://sunnily.exblog.jp/m2006-04-01#1587375

と書いた.

「お座敷」がかかった.
某教育財団から発表依頼がきた.研究というより実践教育に関する発表依頼である.

専任でもない私に?と思ったが,ありがたくお受けすることにした.自分の教育実践を誰かに伝える場をいただけるのは,嬉しいことだ.「どう伝えるか」は思案するところだが,工夫してみよう.

その直後に,西日本横断の学会3連続(死のロード?)があるけど,乗り切ればまた違う景色が見えるかもしれない.

この夏はBig Waveにチャレンジ!
[PR]

by redsunflower | 2006-06-02 21:20 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/2383515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。