評価~軍用パイロットを採点する

私のブログには,相容れなさそうなタイトルだが,実は私の研究と一部重なる点があるのでとりあげます.

文献を探していておもしろいものを見つけた.

NASAのパイロットを評価するraterのトレーニングについて述べたもの.



軍用機のパイロットのパフォーマンスを公正に評価するには,どのような点に考慮すべきなのか,果たしてraterトレーニングは有効なのかどうか,等々.

日本のSDFでも,こんなことやっているのかしら?

まさか年功序列や階級で何となく評価している..なんてことはないでしょうね.

いまさらながら,学問と実践が一体化され,それをdocumentationしていく文化に驚かされます.

そういえば,去年国際学会に,NATOの軍人さんが来てました.興味津々で質問すると,NATOは多言語を使用するため,言語習得は重要な課題なんだと教えてくれました.

「ほーー」とカルチャーショックを受けましたよ.

ちなみに論文は次で読むことが出来ます.
http://www.air.org/publications/pubs_workforce_team.aspx


[PR]

by redsunflower | 2006-05-30 17:17 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/2347812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。