今年も残り2週間

今年も残り2週間。
まだ当然のように講義はあるが、10年前は違った。
私は12月にdefenseをしたが、16日に年内最終講義をして、20日のdefenseだった。その間にdefense用のスライドを作り、準備もできた。

今や、日本の大学生の冬休みは小学生より短い。帰省する学生は、まともに授業に出ていたら、帰省ラッシュに巻き込まれてしまう(しかも、値段も高くなってしまう)

何度も言うようですが、授業は量より質だと思いますがね。14週でいいのではないでしょうか。

[PR]

by redsunflower | 2014-12-17 09:32 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/23443128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by princessc at 2014-12-17 22:41 x
私の大学はセメスター制なので、秋学期13週間、春学期14週間です。クオーターのところは、一学期が10週間ですよね。お休みがしっかりあることで、頭も整理されて、身体も休まり、むしろ能率があがると思います。秋にはサンクスギビングが、春に一週間春休みがあり(授業の週には含まれず)、その休みにたどりつくだけでも、息切れしています。
Commented by redsunflower at 2014-12-25 09:18
「お休みがしっかりあることで、頭が整理されて身体も休まり..」とは本当にそうですね。私は日本の大学教育(特に文系)は改革の必要性があると思いますが、中身には手をつけず、講義週を増やすことを改革と思っている節があります。