お疲れ週明け

月曜なのに、結構疲労が残っている。

週末の寒波がこたえた。
その寒波の中で、家に無断で出入り!するイタチ対策に追われたこと。
寒波の中、投票に行ったのに、やっぱりというか与党が圧勝した総選挙。昨夜のTVで選挙で集団的自衛権の閣議決定に対するお墨付きをもらった、と早速述べ、憲法改正にも意欲を示した首相。経済政策は与党方針でいくしかないのかもしれないが、首相の憲法への考えに大変危惧を感じる。

1945年以降戦争を69年間一回も経験していないというのは、実は素晴らしいことなんだよ、と言いたい。



[PR]

by redsunflower | 2014-12-15 08:42 | プライベート | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/23433557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by princessc at 2014-12-15 23:51 x
redsunflower さま コメントありがとうございました!
そうなんですーー1945年以来、若者が戦争に行かなくて良い、というのは希有な、実に意味のあることだと思うのです。失業対策、学費を得るため、その他もろもろで入隊。除隊後、健康で民間人になったとしても、軍隊や社会が約束してくれたようなバラ色の人生はなくて、やっぱり失業と低賃金、学費は高すぎてローンを組む。精神を病んだり、体をこわして除隊しても、手厚い社会保障がない。または、入隊しなくても、戦地で民間の軍事関係の会社でコンビニくらいの給料で、運転手をする。そういうアメリカのような国をめざして欲しくないので、ほんとにがっくりきます。
Commented by redsunflower at 2014-12-16 13:08
ブログが更新されて安堵しました!そうですか。アメリカは話には聞いていましたが、結局経済的に恵まれない人が軍隊に行き、戻ってきてからも厳しい現実があるのですね。。。